国道37号標識
国道230号標識

静狩峠(しずかりとうげ)は、北海道山越郡長万部町寿都郡黒松内町の境にある渡島総合振興局後志総合振興局の境界にもなっている。

静狩峠
所在地 北海道山越郡長万部町寿都郡黒松内町
座標
静狩峠の位置(日本内)
静狩峠
北緯42度36分4秒 東経140度28分36秒 / 北緯42.60111度 東経140.47667度 / 42.60111; 140.47667座標: 北緯42度36分4秒 東経140度28分36秒 / 北緯42.60111度 東経140.47667度 / 42.60111; 140.47667
標高 238 m
通過路 国道37号国道230号との重用区間
室蘭本線
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

内浦湾(噴火湾)から至近距離にある峠であるが、太平洋側と日本海側に水系が分かれる分水界となっている。

概要編集

道南道央を結ぶ幹線である。

黒松内・豊浦側には礼文華峠があるが、いずれもトンネルで通過するため峠らしさはなくなっている。なお、長万部町静狩 - 洞爺湖町清水間で特殊車両の通行制限を行っており、静狩トンネルなどに「高さ制限門型柱」を設置している[1]

「静狩」の由来編集

「静狩」はアイヌ語の「シツカリ」(行き止まり)から名づけられており、長万部町の地名になっている。長万部方面から続く海岸線から断崖によって塞がれたようになる地形を表したものと言われている。

同様の地形を持つ青森県下北半島尻屋崎近くの「尻労」(しつかり)という地名との類似性が地理学者によって指摘されている[2]

歴史編集

周辺編集

黒松内側で北海道道266号大成黒松内停車場線と接続している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 一般国道37号の静狩トンネル付近など4箇所に「高さ制限門型柱」を設置します 〜高さ3.90mを超える等の特殊車両は通行できません〜 (PDF)”. 室蘭開発建設部. 2014年12月30日閲覧。
  2. ^ 「地名及び極端な位置での中央分水嶺についての言及。」『地図の風景 北海道編I 道南・道央「シツカリとは地形用語〜静狩・礼文華海岸」』堀淳一、山口恵一郎、籠瀬良明他、そしえて、1979年11月20日、第1刷発行、53-56頁。ISBN 9784881692806

関連項目編集

外部リンク編集