メインメニューを開く
本来の表記は「韓翃」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

韓 翃(かん こう、生没年不詳)は、中国詩人は君平。鄧州南陽県の出身。

略歴編集

天宝13載(754年)、進士に及第、淄青節度使侯希逸に招かれて幕下に入ったが、辞任して10年間浪人生活を送り、宣武節度使李勉に招かれて幕僚となった。その後、徳宗に認められて駕部郎中・知制誥に任ぜられ、中書舎人に至った。大暦十才子の一人。

現在『韓君平詩集』一巻が残っている。

詩人としての彼編集

作品に、『寒食』(七言絶句)がある。

寒食
春城無処不飛花 春城 処として花を飛ばさざるは無し
寒食東風御柳斜 寒食(かんしょく)東風(とうふう) 御柳(ぎょりゅう)斜めなり
日暮漢宮伝蝋燭 日暮 漢宮 蝋燭を伝え
青煙散入五侯家 青煙散じて五侯(ごこう)の家に入る

出典編集