韓国女子囲碁リーグ

韓国女子囲碁リーグ(かんこくじょしいごリーグ、韓国語:엠디엠 한국여자바둑리그)は、韓国囲碁女流棋士による棋戦で、各3名のチームによる団体戦。2015年に7チームで開始、2016年からは8チーム、2018年は9チームで実施。中国台湾日本からの外援棋士も出場する。

方式編集

  • 各3名のチームによるリーグ戦2ラウンドを行い、上位チームにより決定戦を行う。
  • 持時間は、主将戦は各1時間、2・3将戦は各10分、40秒の秒読み5回。

過去の成績編集

ポストシーズンチャンピオンと、リーグ戦順位

回次 年度 優勝 リーグ1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位
1 2015 麟蹄降天 釜山三美建設 浦項ポスコケムテク 麟蹄降天 慶州尼師今 西帰浦七十里 扶安コムソ塩 ソウル富光タクス - -
2 2016 ソウル富光タクス ソウル富光タクス 浦項ポスコケムテク 麟蹄天空下 京畿SGゴルフ 麗水亀甲船 京畿湖畔建設 扶安コムソ塩 西帰浦七十里
3 2017 浦項ポスコケムテク 浦項ポスコケムテク 麗水亀甲船 ソウル富光タクス 京畿湖畔建設 扶安コムソ塩 忠南SGゴルフ 麟蹄天空下 西帰浦七十里
4 2018 忠南SGゴルフ 麗水亀甲船 忠南SGゴルフ 浦項ポスコケムテク ソウル囲碁品格 ソウル富光薬品 西帰浦七十里 麟蹄天空下 扶安コムソ塩 京畿湖畔建設
5 2019 扶安コムソ塩 扶安コムソ塩 西帰浦七十里 ソウルサイバーORO 浦項ポスコケムテク ソウルEDGC 麟蹄天空下 ソウル富光薬品 麗水亀甲船
6 2020 保寧マッド 保寧マッド 麗水亀甲船 浦項ポスコケミカル 扶安コムソ塩 三陟海上ケーブルカー 仁川EDGC ソウル富光薬品 麟蹄天空下 西帰浦七十里
7 2021 三陟海上ケーブルカー 三陟海上ケーブルカー 西帰浦七十里 保寧マッド ソウル富光薬品 順天湾国家庭園 繊繊麗水 浦項ポスコケミカル 扶安セマングムジャンボリー -
8 2022 西帰浦七十里 西帰浦七十里 順天湾国家庭園 三陟海上ケーブルカー 扶安セマングムジャンボリー 保寧マッド 浦項ポスコケミカル ソウル富光薬品 繊繊麗水 -

第1回編集

2015年1-4月に実施。

成績編集

順位 リーグ戦 勝星数
1位 釜山三美建設 7 5 21
2位 浦項ポスコケムテク 7 5 19
3位 麟蹄降天 7 5 19
4位 慶州尼師今 6 6 18
5位 西帰浦七十里 6 6 18
6位 扶安コムソ塩 5 7 16
7位 ソウル富光タクス 4 8 15
優勝決定戦(左が勝ち)
  • 1回戦(3月26-28日) 麟蹄降天 2-1 浦項ポスコケムテク
  • 決勝戦(3月30日-4月1日) 麟蹄降天 2-1 釜山三美建設
表彰
  • MVP:呉侑珍
  • 最多勝:呉侑珍
  • ベストユニフォーム賞:西帰浦七十里
個人最多賞(カッコは決定戦を含む)
1. 呉侑珍 10-2(14-4)
2. 朴志娟 9-3(10-10)
3. 趙惠連 8-4(9-5)
3. 朴鋕恩 8-4(9-6)
3. 崔精 8-4
朴泰姫(11-7)
於之瑩(4-3)
王晨星(4-3)
芮廼偉(2-3)
黒嘉嘉(2-6)

出場チームと選手・監督編集

チーム名 監督 選手 外援
慶州尼師今 李晶媛 李玟眞(5-4)、金侖映(5-6)、宋彗領(6-5) 芮廼偉(2-3)
西帰浦七十里 河好貞 呉政娥(8-4)、金美里(4-8)、文度媛(6-6)
ソウル富光タクス 権孝珍 崔精(8-4)、金伸英(0-9)、金娜賢(3-5) 於之瑩(4-3)
麟蹄降天 玄味眞 呉侑珍(10-2)、李映周(1-5)、朴泰姫(7-4) 黒嘉嘉(1-5)
扶安コムソ塩 姜昇希 金惠敏(5-7)、金惠臨(4-8)、李裕眞(7-5)
浦項ポスコケムテク 李英信 趙惠連(8-3)、金彩瑛(7-5)、金恩善(1-8) 王晨星(3-1)
釜山三美建設 尹泳珉 朴鋕恩(8-4)、朴志娟(9-3)、朴昭炫(1-5)、姜多情(3-3)

第2回編集

2016年2-6月に実施。

成績編集

順位 リーグ戦 勝星数
1位 ソウル富光タクス 11 3 30
2位 浦項ポスコケムテク 10 4 26
3位 麟蹄天空下 9 5 23
4位 京畿SGゴルフ 7 7 22
5位 麗水亀甲船 6 8 18
6位 京畿湖畔建設 5 9 18
7位 扶安コムソ塩 5 9 17
8位 西帰浦七十里 3 11 14

優勝決定戦(左が勝ち)

  • 1回戦(5月11日) 京畿SGゴルフ - 麟蹄天空下
  • 2回戦(5月17-20日) 麟蹄天空下 2-0 浦項ポスコケムテク
  • 決勝戦(5月21日-6月13日) ソウル富光タクス 2-0 麟蹄天空下

表彰

  • MVP:崔精
  • 最多勝:崔精
  • ベストユニフォーム賞:京畿湖畔建設

出場チームと選手・監督編集

チーム名 監督 選手 外援
ソウル富光タクス 権孝珍 崔精(12-2)、金伸英(7-6)、金娜賢(1-3) 於之瑩(10-1)
浦項ポスコケムテク 李英信 金彩瑛(9-5)、趙惠連(8-4)、金恩善(2-4) 王晨星(7-3)
麟蹄天空下 玄味眞 呉侑珍(9-5)、朴泰姫(9-5)、李映周(1-7) 藤沢里菜(4-2)
京畿SGゴルフ 尹泳珉 朴鋕恩(6-7)、宋彗領(7-5)、姜多情(2-5) 芮廼偉(7-3)
麗水亀甲船 姜昇希 李瑟娥(5-8)、金多瑛(7-7)、李玟眞(6-7)、白知熹(0-2)
京畿湖畔建設 李多慧 朴志娟(6-8)、金侖映(9-5)、権周利(1-8) 謝依旻(2-3)
扶安コムソ塩 金孝貞 金惠敏(9-5)、金惠臨(2-10)、李裕眞(4-9) 李赫(2-1)
西帰浦七十里 河好貞 呉政娥(5-9)、金美里(2-8)、文度媛(5-6)、 朴昭炫(2-5)

第3回編集

2017年2-6月に実施。

成績編集

順位 リーグ戦 勝星数
1位 浦項ポスコケムテク 11 3 29
2位 麗水亀甲船 9 5 23.5
3位 ソウル富光タクス 9 5 22
4位 京畿湖畔建設 8 6 20
5位 扶安コムソ塩 6 8 18
6位 忠南SGゴルフ 5 9 21
7位 麟蹄天空下 5 9 17.5
8位 西帰浦七十里 3 11 17

優勝決定戦(左が勝ち)

  • 1回戦(5月15日) ソウル富光タクス - 京畿湖畔建設
  • 2回戦(5月17-20日) 麗水亀甲船 2-1 ソウル富光タクス
  • 決勝戦(5月22日-6月1日) 浦項ポスコケムテク 2-1 麗水亀甲船

表彰

  • MVP:金彩瑛
  • 最多勝:崔精、金彩瑛(12-2 同率)
  • ベストユニフォーム賞:京畿湖畔建設

出場チームと選手・監督編集

チーム名 監督 選手 外援
ソウル富光薬品 権孝珍 崔精(12-2)、文度媛(1-6)、金美里(3-6) 宋容慧(6-6)
扶安コムソ塩 金孝貞 金恵敏(6-7)、李裕眞(5-7)、金恩善(7-4) 牛栄子(0-6)
西帰浦七十里 李知炫 呉政娥(7-7)、曺承亞(9-5)、張兮領(0-9) 兪俐均(1-4)
麗水亀甲船 白知熹 金多瑛(9-4-1)、李瑟娥(7-6)、李玟眞(5-7)、金惠臨(2-1)
麟蹄天空下 玄味眞 呉侑珍(10-4)、朴泰姫(5-8-1)、李映周(0-9) 藤沢里菜(2-3)
浦項ポスコケムテク 李英信 金彩瑛(12-2)、趙惠連(11-1)、姜多情(5-6) 李赫(1-4)
京畿湖畔建設 李多慧 朴志娟(5-9)、金侖映(10-4)、権周利(1-6) 曹又尹(4-3)
忠南SGゴルフ 尹泳珉 朴鋕恩(6-7)、宋彗領(5-6)、金伸英(4-4) 芮廼偉(6-4)

第4回編集

2018年2-6月に実施。

成績編集

順位 リーグ戦 勝星数
1位 麗水亀甲船 13 3 30
2位 忠南SGゴルフ 10 6 30
3位 浦項ポスコケムテク 9 7 26
4位 ソウル囲碁品格 9 7 24
5位 ソウル富光薬品 9 7 23
6位 西帰浦七十里 6 10 23
7位 麟蹄天空下 6 10 22
8位 扶安コムソ塩 6 10 21
9位 京畿湖畔建設 4 12 17

優勝決定戦(左が勝ち)

  • 1回戦(5月21日) ソウル囲碁品格 - ソウル富光薬品
  • 2回戦(5月23-24日) 浦項ポスコケムテク 2-0 ソウル囲碁品格
  • 3回戦(5月26-27日) 忠南SGゴルフ 2-0 浦項ポスコケムテク
  • 決勝戦(6月1-2日) 忠南SGゴルフ 2-0 麗水亀甲船

出場チームと選手・監督編集

チーム名 監督 選手 外援
麗水亀甲船 李賢旭 金多瑛(12-4)、李瑟娥(12-4)、李玟眞(6-10)
忠南SGゴルフ 李勇讚 崔精(14-2)、宋彗領(6-7)、金伸英(4-6) 芮廼偉(6-3)
浦項ポスコケムテク 李英信 朴泰姫(6-9)、趙惠連(6-10)、姜多情(5-6) 王晨星(5-2)
ソウル囲碁品格 宋泰坤 朴志娟(9-7)、姜智洙(6-9)、李映周(6-7) 黒嘉嘉(3-1)
ソウル富光薬品 権孝珍 金彩瑛(13-2)、権周利(3-10)、張兮領(2-10) 陸敏全(5-3)
西帰浦七十里 李知炫 呉政娥(10-5)、曺承亜(7-9)、金京垠(2-6)、金秀眞(4-5)
麟蹄天空下 崔明勲 朴鋕恩(5-10)、金美里(8-8)、李裕眞(3-7) 高星(6-1)
扶安コムソ塩 金孝貞 呉侑珍13-3)、許瑞玹(4-10)、金旼柾(2-11) 藤沢里菜(2-3)
京畿湖畔建設 李多慧 金恵敏(9-7)、金恩善(4-10)、文度媛(2-7) 潘陽(2-7)

第5回編集

2019年5-9月に実施。

成績編集

リーグ戦:5月6日-8月22日

順位 チーム 監督 選手 勝数
1位 扶安コムソ塩 金孝貞 呉侑珍(8-4)、許瑞玹(7-7)、李裕眞(3-5)、藤沢里菜(5-3) 10 4 23
2位 西帰浦七十里 李知炫 呉政娥(7-6)、曺承亞(10-4)、金京垠(1-3)、金秀眞(6-5) 8 6 24
3位 ソウルサイバーORO 文度媛 崔精(10-0)、姜多情(8-6)、車主惠(2-8)、張兮領(3-5) 8 6 23
4位 浦項ポスコケムテク 李英信 趙惠連(10-4)、姜智洙(6-8)、金制拏(1-3)、王晨星(5-5) 8 6 22
5位 ソウルEDGC 趙涓祐 金惠敏(8-5)、李玟眞(6-7)、権周利(5-5)、高星(4-2) 7 7 23
6位 麟蹄天空下 兪炳龍 金美里(5-9)、宋彗領(9-5)、鄭娟宇(1-6)、李丹菲(2-5) 6 8 17
7位 ソウル富光薬品 権孝珍 金彩瑛(10-4)、李度弦(5-9)、金伸英(1-6)、芮廼偉(3-5) 5 9 19
8位 麗水亀甲船 李賢旭 金多瑛(5-7)、李映周(7-6)、金相仁(1-6)、金恩善(4-6) 4 10 17

優勝決定戦(左が勝ち)

  • 1回戦(8月24日) 浦項ポスコケムテク 2-1 ソウルサイバーORO
  • 2回戦(8月27,28日) 西帰浦七十里 2-1,2-1 浦項ポスコケムテク
  • 決勝戦(9月3,7日) 扶安コムソ塩 2-0,2-1 西帰浦七十里

第6回編集

2020年5-9月に実施。

成績編集

リーグ戦:5月21日-8月22日

順位 チーム 監督 選手 勝数
1位 保寧マッド 文度媛 崔精(13-1)、姜多情(2-8)、金京垠(7-6)、朴昭律(1-4) 8 6 23
2位 麗水亀甲船 李賢旭 金惠敏(10-4)、宋彗領(6-8)、李映周(6-6)、金魯炅(0-2) 8 6 22
3位 浦項ポスコケミカル 李英信 朴鋕恩(4-9)、金多瑛(7-7)、權周利(10-3)、都恩敎(0-2) 8 6 21
4位 扶安コムソ塩 金孝貞 呉侑珍(10-4)、許瑞玹(7-7)、李裕眞(3-7)、金相仁(1-3) 7 7 21
5位 三陟海上ケーブルカー 李勇讚 趙惠連(7-5)、金恩持(6-8)、李玟眞(5-7)、柳珠儇(3-1) 7 7 21
6位 仁川EDGC 趙涓祐 曺承亞(8-6)、朴泰姬(5-8)、姜智洙(3-5)、金恩善(3-4) 7 7 19
7位 ソウル富光薬品 権孝珍 金彩瑛(11-3)、金美里(7-7)、張兮領(1-0)、鄭有珍(1-6) 6 8 20
8位 西帰浦七十里 李知炫 呉政娥(7-7)、朴志娟(9-5)、李度弦(1-4)、金秀眞(4-5) 5 9 21

優勝決定戦(左が勝ち)

  • 1回戦(8月26,27日) 扶安コムソ塩 2-0, 2-0 浦項ポスコケミカル
  • 2回戦(9月4,5,6日) 扶安コムソ塩 2-1, 1-2, 2-0 麗水亀甲船
  • 決勝戦(9月10,12日) 保寧マッド 2-0, 2-1 扶安コムソ塩

表彰

  • MVP: 崔精
  • 最多勝: 崔精
  • ベストユニフォーム賞: 扶安コムソ塩

第7回編集

2021年5-9月に実施。

成績編集

リーグ戦:5月21日-8月22日

順位 チーム 監督 選手 勝数
1位 三陟海上ケーブルカー 李多慧 金彩瑛(7-7)、趙惠連(10-2)、金恩善(7-5)、金秀眞(1-3) 10 4 25
2位 西帰浦七十里 金惠臨 曺承亞(13-1)、李玟眞(9-5)、李裕眞(1-9)、鄭娟宇(2-2) 9 5 25
3位 保寧マッド 文度媛 崔精(14-0)、姜多情(5-7)、金京垠(3-7)、朴昭律(3-3) 9 5 25
4位 ソウル富光薬品 権孝珍 許瑞玹(9-5)、朴志娟(7-7)、鄭有珍(5-9)、李단비() 8 6 21
5位 順天湾国家庭園 梁建 呉侑珍(11-3)、朴泰姬(3-8)、張兮領(4-5)、金相仁(3-5) 6 8 21
6位 繊繊麗水 李賢旭 金惠敏(6-8)、李映周(10-4)、金魯炅(4-9)、金旼柾(0-1) 6 8 20
7位 浦項ポスコケミカル 李晶媛 權周利(1-12)、金美里(9-5)、柳珠儇(5-8)、朴智英(0-2) 5 9 15
8位 扶安セマングムジャンボリー 金孝貞 金多瑛(8-6)、李度弦(5-9)、姜智洙(3-8)、車主惠(0-3) 3 11 16

優勝決定戦(左が勝ち)

  • 1回戦(9月9日) 保寧マッド 2-0 ソウル富光薬品
  • 2回戦(9月17,18,19日) 保寧マッド 2-0, 1-2, 2-0 西帰浦七十里
  • 決勝戦(9月23,24日) 三陟海上ケーブルカー 2-0, 2-1 保寧マッド

表彰

  • MVP: 崔精
  • 最多勝: 崔精
  • ベストユニフォーム賞: 西帰浦七十里

第8回編集

2022年5-9月に実施。

成績編集

リーグ戦:5月21日-8月22日

順位 チーム 監督 選手 勝数
1 西帰浦七十里 金惠臨 曺承亞(12-2)、李玟眞(5-7)、金侖映(9-3)、柳珠儇(1-3) 11 3 27
2 順天湾国家庭園 李尙憲 呉侑珍(9-5)、李映周(8-6)、李度弦(5-3)、朴泰姬(3-3) 9 5 25
3 三陟海上ケーブルカー 李多慧 金彩瑛(10-4)、趙惠連(5-4)、金恩善(5-6)、金秀眞(3-5) 9 5 23
4 扶安セマングムジャンボリー 金孝貞 金孝英(7-6)、金珉舒(8-6)、金多瑛(7-6)、權周利(1-1) 8 6 23
5 保寧マッド 文度媛 崔精(12-2)、姜多情(4-6)、金京垠(3-5)、朴昭律(4-6) 7 7 23
6 浦項ポスコケミカル 李晶媛 呉政娥(8-6)、金美里(5-9)、高미소(3-6)、金先彬(1-4) 6 8 17
7 ソウル富光薬品 権孝珍 許瑞玹(6-8)、朴志娟(6-7)、鄭有珍(4-8)、李裕眞(1-2) 5 9 17
8 繊繊麗水 李賢旭 金恩持(9-5)、이슬주(3-10)、金魯炅(0-6)、金相仁(1-8) 1 13 13

優勝決定戦(左が勝ち)

  • 1回戦(9月14日) 三陟海上ケーブルカー 2-1 扶安セマングムジャンボリー
  • 2回戦(9月17,18日) 順天湾国家庭園 2-1, 2-1 三陟海上ケーブルカー
  • 決勝戦(9月21,22,23日) 西帰浦七十里 0-2, 2-1, 2-1 順天湾国家庭園

表彰

  • MVP: 曺承亞
  • 最多勝: 崔精、曺承亞(12-2)
  • ベストユニフォーム賞: 西帰浦七十里[1]

編集

外部リンク編集