金美里(キム・ミリ、김미리、1991年3月24日 - )は、韓国囲碁棋士許壮会九段門下、韓国棋院所属、四段。女流名人戦準優勝など。

金美里

経歴編集

6歳で囲碁を覚え、2008年健化杯アマ囲碁最強戦女流最強部、全北銀行長杯アジアアマ囲碁選手権大会女子個人戦で優勝[1][2]。同2008年初段。2009年三星火災杯出場、韓国囲碁リーグ出場(ハンゲーム)し朴廷桓を破る星をあげた[3]。2011年プロ女流国手戦ベスト4、二段。2012年女流名人戦トーナメントで、決勝で崔精に2-0で敗れ準優勝。同年BCカード杯世界囲碁選手権出場。2013年福山市鞆の浦で開催された「日韓トップ囲碁対局・鞆」で吉原由香里と対戦[4]。2014年三段。2018年四段。

2016年からサイバーオロのネット番組「囲碁ビタミン」で講師を勤める。[5]

主な棋歴編集

編集

外部リンク編集