メインメニューを開く

韓国鉄道公社381000系電車

韓国の鉄道車両

韓国鉄道公社381000系電車(381000けいでんしゃ)は、2016年に登場した韓国鉄道公社通勤形電車

韓国鉄道公社381000系電車
回送される第2編成。(義王駅にて
回送される第2編成。(義王駅にて
基本情報
製造所 現代ロテム
主要諸元
編成 4
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000V(60Hz)
最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 120 km/h
起動加速度 3.0 km/h/s
減速度(常用) 3.5 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
編成定員 616人
車両定員 先頭車:148人
中間車:160人
全長 19,500 mm
全幅 3,120 mm
全高 3,750 mm
主電動機 かご形三相誘導電動機
編成出力 4,400kW
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
(東芝、宇進産電)
制動装置 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
保安装置 ATS
テンプレートを表示

現在4両編成10本、計40両が存在する。

目次

概要編集

2016年末に予定されている東海線電化開業に合わせて導入された4扉車両である。311000系をベースに製造された。311000系同様アルミ製で、パンタグラフ変更とワイパー増設がなされている。また、塗装は他の韓国鉄道公社の通勤形電車と異なってライト周りとドア青帯を巻いただけの無塗装となっている。首都圏電鉄京江線371000系)とセットで発注された。座席のカラーは371000形とは異なる。

編成表編集

  所属路線・車両基地
形式 381000形
(Tc)
381100形
(M'<)
381200形
(M'<)
381900形
(Tc)
東海線(徳下朝鮮語版)所属
徳下完成までは釜山鉄道車両整備団朝鮮語版に配属
搭載機器 SIV,CP,BT CI,Mtr CI,Mtr SIV,CP,BT
車両質量
車両番号 381001

381010
381101

381110
381201

381210
381901

381910
凡例
  • CI (Converter・Inverter) :主変換装置(コンバータ装置 + VVVFインバータ装置)
  • Mtr (Main-Transformer) :主変圧器
  • SIV:補助電源装置(静止形インバータ)
  • CP:空気圧縮機
  • BT:蓄電池
備考
  • パンタグラフは、M'(381100形、381200形)にシングルアーム型を1基ずつ搭載する。

走行区間編集

関連項目編集

外部リンク編集