メインメニューを開く

響矢由太郎(ひびきやよしたろう、1872年5月22日明治5年4月16日) - 1930年昭和5年)9月3日[1])は、大坂相撲岩友部屋友綱部屋に所属した元力士。11代岩友

本名は山野由太郎。現在の大阪府大阪市平野区瓜破東出身。170cm、113kg。

最高位は大阪では大関、東京では東前頭4枚目。

大阪相撲の岩友に入門、力石の名で1892年10月見習となる。1895年10月二段目に上り響矢と改名、1897年9月入幕した。1900年上京し友綱部屋に属した。1900年1月幕尻格に付け出される。この場所上京にあたり四股名を2日目から花頂山に改めたが[2]、6日目から響矢に再改名した[3]。この場所より連続6場所平幕に在位したが、東京相撲ではなかなか通じず三役には届かなかった。1902年5月限りに脱走、大坂相撲に帰参した。

1903年1月海ヶ嶽の名で幕内格で復帰、1904年1月みたび響矢に戻り1905年1月関脇に昇進し5場所務めた。1907年6月小結に下がったこの場所、亡師の名跡を継ぎ岩友 大太郎を襲名。8勝1預の最優秀成績を残し翌1908年1月大関に昇進した。大関を11場所務め、1913年5月番付外大関格での出場を最後に引退、頭取専務となった。

以後は親方、大坂相撲幹部として、大坂相撲発展に寄与した。

幕内6場所17勝17敗20休(東京)

幕内25場所103勝41敗10分6預(大阪)

改名:力石→響矢→花頂山→響矢→海ヶ嶽→響矢→岩友 [4]

出典編集

参考文献編集