メインメニューを開く

順下(じゅんか)は、日本泳法の飛込み術である。溺水事故で救出に向かう際の飛び込み方法としても推奨されている[1]

概要編集

高いところから片足で踏み切り、飛び込む際に、走るときのように両足を前後に開き、入水すると同時に両足を強く閉じ両手で水を下に押し、頭部が水中に没しないようにする。

これは甲冑をつけたままで飛び込んでも、常に敵を注視することができるようにという工夫であるという。

向井流の特技であるともいわれる。 水府流太田派でも採用されている。 観海流では「陣笠飛」といい、陣笠をかぶったまま飛び込む際に用いられることからの称であるという。

学習院中等科では古式泳法を教えており、大正2年から続く毎年恒例の沼津臨海学校では、プールでは練習しにくい順下を駿河湾で練習する[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 溺れた我が子を助けるためには子どもの危険回避研究所
  2. ^ 臨海学校(沼津游泳)学習院中等科

外部リンク編集