駿河湾

静岡県に面した湾

座標: 北緯34度48分 東経138度30分 / 北緯34.8度 東経138.5度 / 34.8; 138.5

駿河湾(するがわん)は、伊豆半島先端にある石廊崎と、御前崎を結ぶ線より北側の海域[3]。海岸は全て静岡県に属し[4]令制国としては西岸と北岸は駿河国、東岸は伊豆国である。最深部は水深2500メートルに達し、日本で最も深いである[注釈 1][1]相模湾富山湾とならんで日本三大深湾(日本三深海湾とも)のひとつに数えられる[5][6]

駿河湾
Mount Fuji and Ashitaka Mountains from Satta Pass.JPG
薩埵峠から望む駿河湾越しの富士山愛鷹山
河川
海洋 太平洋
日本の旗 日本
最長 60キロメートル[1]
最大幅 56キロメートル[1]
水面積 2300平方キロメートル[1]
最深部 2445メートル[2]
駿河トラフ
自治体
テンプレートを表示
駿河湾の範囲を示した地図

地理編集

駿河湾の周辺

駿河湾は湾口幅が56キロメートル、奥行が約60キロメートルあり、表面積は約2300平方キロメートル[1][3]。約60万年前にフィリピン海プレートに載った火山島であった伊豆半島が本州に衝突して駿河湾ができた[7]。湾はフィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界、その北端部である駿河トラフが湾の南北に通るために深度が深い。富士川河口部にあたる湾の最奥部では、海岸からわずか2キロメートル地点で水深500メートルに達する[8]

伊豆半島や伊豆諸島から沖縄県の各諸島までは、太平洋の一海域であるフィリピン海であり、駿河湾もその一海域に含まれる。湾奥からは九州台湾東岸沖まで水深1000メートルを超える海底峡谷が続く[4]

駿河湾の一海域として、湾奥の沼津市沖のごく小さい海域が、内浦湾地図江浦湾地図と名づけられている。また、湾の東側にある三保半島で分けられた海域が折戸湾地図と呼ばれている。

海底地形編集

火山活動により形成された東側(伊豆半島ブロック)と堆積活動により形成された西側(静岡ブロック)が接する。伊豆側は水深1500メートル付近まで硬い岩石で構成されるため急斜面が発達しており、海底谷は少なく[3]海食崖や、島嶼が多くなる。一方で、静岡側は削れやすい岩で構成され水深1000メートル付近まで谷地形の発達する斜面が広がっている。特に静岡側はトラフ陸側斜面に特徴的な逆断層により、階段状に発達した平坦面と急斜面が繰り返す複雑な地形が見られ、多くの海底谷を有する[3]。また、静岡側には、最大12キロメートルに達する平坦な大陸棚(水深100 - 150メートル以浅)が発達しており、これらは2万年前の氷河期に海面が低下したために形成された浸食地形である。ただし例外的に、三保半島沖には大陸棚が発達しておらず、東へ約4キロメートル進むと一気に水深500メートルまで落ち込む谷地形となっている[9]

湾南西域には水深平均100メートル、最浅部32メートル、最大比高約1800メートルを呈する石花海(せのうみ、または石花海)と呼ばれる台地が存在し、好漁場となっている[3]。この石花海は2つの高まりからなり、北側を石花海北堆地図、南側を石花海南堆地図と呼ぶ[10]。この石花海の山頂は水深約40 - 60メートルの平らな地形であり、砂質堆積物が表層を覆っている。山頂は非常に浅いため、イサキ・マダイ・カサゴ・イカなど多様に富んだ釣りが盛んである。石花海の西側には傾斜の緩やかな斜面が水深800メートルまで広がっており、北堆西側斜面上には馬蹄形状の地すべり地形が見られるが、この地すべりは1854年に発生した安政地震の際に起きたものと推定される。さらに西方には焼津まで続く平坦な地形(石花海海盆:最大水深900メートル)が発達している[11]

一方で、石花海の東側斜面はこれとは異なり水深150メートル付近から一気に深さを増し1800 - 2000メートルの駿河トラフ底まで落ち込んでいる。この斜面は45 - 50°の急角で約4キロメートルに渡って発達しており、この斜面上には礫岩層と泥岩層が分布している。この礫岩の種類は、有度丘陵や三保海岸を構成する円礫とほぼ同じ種類あり、いずれも古安倍川から供給されたものと推定され、200万年 - 数十万年前に起こった隆起運動によって山地となった。これらの円礫のほとんどに割れ目が入っていたことから隆起運動の際に強い圧力がかかったと考えられる[12]

また、石花海北堆東側に発達する急斜面底(水深1850メートル)付近は石花海ゴージと呼ばれる幅約200メートルの峡谷が約4キロメートルわたって広がっている。この峡谷付近は深海底であるにもかかわらず、2ノットを超える潮の流れがあり、潜水調査船の操作を困難にしている[13]


全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

海岸地形編集

公の機関では、御前崎から大瀬崎までの163キロメートル駿河湾沿岸[14]、大瀬崎から石廊崎を経て、静岡県と神奈川県の境界までの273キロメートルを伊豆半島沿岸[15]として用語を使用している。

駿河湾沿岸編集

伊豆半島沿岸編集

海水編集

湾の西側は大井川安倍川、富士川などの一級水系が多く、河川水の影響を強く受けている[3]。これに対し、湾の東側は伊豆半島の中央を流れる一級水系の狩野川の河口が、湾奥にあるため流入河川が少なく表層水が比較的、澄んでいる[3]

富士山やその山麓に降った雪がとけた水は河川から流入する以外に、海底湧水にもなっている。富士山に降った降水の約20 %にあたる年間6億立方メートルの水が、湾北部の沿岸域の海底から地下水として直接湾に流出している。駿河湾に流れ込む河川水は年間100億立方メートルに達し、この流量の少なくとも10 %程度が海底湧水として流れ込んでいる。さらに、富士山由来の分も含めれば年間16億立方メートルの地下水が直接湾に注いでいる。河川水や海底湧水に含む豊富な栄養は、植物プランクトンを経て、湾に生息する生物へと伝播している。黒潮系水や中深層水がさまざまな卵稚仔や成魚を湾内にもたらし、それらを栄養豊富な沿岸河川系水が育むことで、生物多様性に富む駿河湾の生態系を形成している[17]

深層水編集

湾口が南に開いているため、北太平洋の海水が容易に侵入する。沖合で西から東へ流れる黒潮の分派流が伊豆半島に沿って流入することがあり、湾内ではサンゴ熱帯魚が見られる。この黒潮系水は、湾全域の水深300メートル以浅に分布する[6](黒潮系海洋深層水)。また、河川水が流入する湾西部や北部の沿岸部には、河川水の影響を受けた低塩分の海水が恒常的に存在する。河川水は海水に比べて軽いため、黒潮系水と混ざりあいながら黒潮系水に乗り上げ、これを覆うように分布しており、沿岸河川系水と呼ばれる。この沿岸河川系水は降水量が増加する夏季には湾の表層全域に広がる[18]

湾の水深300メートルから800メートルには、水温5から10℃と比較的低温・低塩分の海水が存在する。この海水は北太平洋亜熱帯海域の北緯20°から45°にかけ広く分布し、亜寒帯系海洋深層水(北太平洋中層水)と呼ばれる。中層水の起源は、オホーツク海北西部陸棚域にあることが判明している[19]

水深800メートル以深に存在する海水は、太平洋海洋深層水(太平洋深層水)と呼ばれており、グリーンランド近海と南極ウェッデル海表層を起源とする[20]

このように、表層水の下には三層の海洋深層水がある(黒潮系海洋深層水、亜寒帯系海洋深層水、太平洋海洋深層水)[4]


気象編集

年間平均気温は、県内南端にある御前崎石廊崎付近で高く、北へ行くほど低くなるが、駿河湾の沿岸、特に三保半島のある西岸付近では海洋性気候を反映して幾分高くなる傾向にある[21]

日本列島に北西の季節風が吹くと、中部地方の山脈地帯を避けて、関東地方を経て東回りに迂回する気流と、若狭湾から伊勢湾を経由して遠州灘方向へ西回りに迂回する気流が、駿河湾付近で収束することによって、駿河湾収束線(または駿河湾低気圧)が発生する。駿河湾収束線が発生したときには、駿河湾付近に西部と東部から気流が流れ込むため、湾内の南北方向に収束線ができる。その結果、県内西部では晴天であるにもかかわらず、中部から東部では曇天になり、時にはや降水をもたらす。収束線は、西高東低型の気圧配置になる冬季から春季に発生する傾向にあるが、地上での気象観測点が限られている点、駿河湾を含めた洋上における気象観測資料が不足しているなどの点から、その発生予測は必ずしも容易ではない[22]

なお、人為的要因を含んだ気象条件の変化により、駿河湾内における水温は過去50年間で0.7度ほど上昇傾向にある[23]


災害編集

駿河湾は駿河トラフが南北に通るため、これが巨大地震とされる東海地震を起こすと考えられている。この境界を境に、フィリピン海プレートユーラシアプレートの下に沈み込むことで、プレート境界地震(海溝型地震)が過去に繰り返し発生してきたことが、書き残されている大地震の記録や津波堆積物の調査結果、考古学的な発掘調査などから判明している[24]東海大学気象研究所は、駿河湾の海底に海底地震観測網の展開を2011年から行い、観測を継続している。観測には海底地震計などを用いる。

2009年(平成21年)8月11日には、マグニチュード6.5の駿河湾地震が起きたが、気象庁の発表では、この地震と東海地震の関連性について『直接的には関係ない』と結論を出した[25]

歴史編集

漁場や海上交通路として古来利用された。戦国時代には戦国大名間の海戦も発生した(伊豆水軍を参照)。

漁業では、江戸時代後期から明治大正昭和初期にクロマグロが漁獲されていた[26]天保3年(1832年)に幕府浜御殿奉行・木村喜繁は長浜村(現・沼津市)においてマグロの大漁を目撃し、画帳『天保三年伊豆紀行』(静岡県立中央図書館所蔵)として記録しており、マグロ漁師や商談をする網元・商人の姿を描いている[27]。同年3月には滝沢馬琴が『兎園小説余録』において江戸におけるマグロ価格の暴落を記録しており、木村喜繁が目撃したマグロ大漁が影響したと考えられている[28]

近代には1894年(明治27年)刊行の『静岡県水産誌』においてマグロやカツオイルカなど大型魚類・哺乳類の漁獲を記している[29]。同書によればこれらの大型魚類はで断ち切り追い込んで漁獲する「建切網」と呼ばれる漁法で漁獲されていたという[29]。マグロは駿河湾奥部から伊豆半島を中心に漁獲されており、カツオは駿河湾口部と湾外で漁獲されている[29]。イルカはマグロやカツオに比較して少なく、西伊豆を中心に漁獲されている[29]

1907年(明治40年)と1913年(大正2年)には沼津市口野の金桜神社にマグロ豊漁を祈念した絵馬が奉納され、マグロ漁の様子が描かれている。1921年(大正10年)頃の木内三朗『落穂拾遺』でも、木内が1919年(大正8年)に伊豆三津浜で目撃したマグロ追い込みや買い付けの商人の姿が描かれている[26]

江戸後期・明治期には駿河湾で漁獲された大型魚類は内陸部へも流通しており、甲斐国山梨県)南部の鰍沢河岸(山梨県富士川町鰍沢)からは江戸後期から近代にかけての魚類など動物遺体が多く出土している。鰍沢河岸出土の魚類はマグロやイルカといった大型魚類をはじめ、アブラボウズイシナギなど伊豆半島や小田原で食される希少種も出土している。これらの魚類は駿河湾で漁獲され、甲斐・駿河間を結ぶ富士川舟運中道往還を通じて甲斐国へもたらされたと考えられている[30]

大正期には駿河湾岸で製紙工場の建設が始まり、1920年には工場排水が原因でサクラエビの漁獲に影響が出るなどの被害が現れ始めている[31]

2016年11月、駿河湾の「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟が正式に決定した[32]

生物編集

 
駿河湾の海の幸、生サクラエビと生シラス

日本の魚類は淡水魚を含め約2300種であるが、駿河湾内にはこの内の約1000種の魚類が生息している[1]

最深部は2500メートルという日本一深い駿河湾。1000メートルも潜れば、太陽の光が全く届かない世界。沼津市には、日本で唯一深海生物をテーマにした水族館、「沼津港深海水族館」があり、水深200メートルよりも深い位置に生息する深海生物を常時100種類以上も見ることができる[33]

かつて、深海部で撮影された巨大なオンデンザメ科のサメの映像がテレビ番組上で放送され、話題になったこともあった[要出典]。また、近年では一般的に観察の難しいとされるアカボウクジラ科スジイルカハナゴンドウなど鯨類が回遊・定住する海域であることも判明しつつある[34]松崎町雲見町には非常に希少な種類(セミクジラ)の骨格標本を展示する「雲見くじら館」も建立されている。

港湾編集

以下は主要な港湾である。ただし、2種未満の漁港は除く[37][38]

定期航路編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2位は相模湾の1500メートル、3位は富山湾の900メートル。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 出典 : 日本一深い湾 駿河湾 - 静岡県、2012年11月1日閲覧
  2. ^ 中村保昭・沢田貴義「3駿河湾の海洋構造-1969年秋季の特性-」『水産海洋研究会報』第18号、45頁
  3. ^ a b c d e f g 出典 : 伊勢湾環境データベース 『駿河湾流域の概要』 - 国土交通省中部地方整備局 名古屋港湾空港技術調査事務所、2012年11月1日閲覧
  4. ^ a b c 駿河湾早わかりガイド静岡県(2019年10月12日閲覧)
  5. ^ 相模湾神奈川県(2022年5月18日閲覧)
  6. ^ a b 村山 2017, p. 24.
  7. ^ 出典 : 伊豆半島ジオパークのテーマ - 伊豆半島ジオパーク、2012年11月1日閲覧
  8. ^ 出典 : 古地理調査「狩野川・安倍川・大井川 川の流れと歴史のあゆみ」 -国土地理院、2012年11月1日閲覧
  9. ^ 村山 2017, pp. 14–15.
  10. ^ 出典 : 各種論文より。
  11. ^ 村山 2017, pp. 11–12.
  12. ^ 村山 2017, pp. 12–13.
  13. ^ 村山 2017, p. 13.
  14. ^ 出典 : 駿河湾沿岸海岸事業 (PDF) - 国土交通省中部地方整備局 沼津河川国道事務所 静岡河川事務所、2012年11月1日閲覧
  15. ^ 出典 : 伊豆半島沿岸海岸保全基本計画 - 静岡県 (PDF) 、2012年11月1日閲覧
  16. ^ 出典 : 文化遺産オンライン - 文化庁、2012年11月1日閲覧
  17. ^ 村山 2017, p. 28.
  18. ^ 村山 2017, p. 27.
  19. ^ 村山 2017, pp. 24–25.
  20. ^ 村山 2017, p. 25.
  21. ^ 村山 2017, p. 21.
  22. ^ 村山 2017, pp. 22–23.
  23. ^ 村山 2017, p. 23.
  24. ^ 村山 2017, pp. 16–19.
  25. ^ 出典 : 駿河湾地震 (2009年)2012年10月11日10:54版より引用。
  26. ^ a b 『甲州食べもの紀行』、pp.34 - 35
  27. ^ 『甲州食べもの紀行』、p.35
  28. ^ 『甲州食べもの紀行』、p.36
  29. ^ a b c d 植月(2007)、p.16
  30. ^ 植月(2007)、p.20
  31. ^ 下川耿史 『環境史年表 明治・大正編(1868-1926)』p339 河出書房新社 2003年11月30日刊 全国書誌番号:20522067
  32. ^ 世界で最も美しい湾クラブ静岡県(2022年5月18日閲覧)
  33. ^ ANIMAL GUIDE”. 沼津深海水族館 シーラカンス・ミュージアム. 2020年9月3日閲覧。
  34. ^ 大泉 宏 (2014) (PDF). 『駿河湾のクジラたち』. http://www.siip.jp/assets/files/sangaku90.pdf 2015年1月16日閲覧。. 
  35. ^ 出典 : 静岡県、2012年11月1日閲覧
  36. ^ 出典 : 静岡県/水産技術研究所 (PDF) 、2012年11月1日閲覧
  37. ^ 出典 : 静岡県の港湾一覧 - 第三管区海上保安本部海洋情報部、2012年11月1日閲覧
  38. ^ 出典 : 静岡県/漁港一覧 - 静岡県建設部港湾局漁港整備室、2012年11月1日閲覧

参考文献編集

  • 村山司 『駿河湾学』東海大学出版部、2017年。 
  • 『甲州食べもの紀行-山国の豊かな食文化-』山梨県立博物館、2008年
  • 植月学「明治期の鰍沢河岸における海産物利用の動物考古学的検討」『山梨県立博物館 研究紀要 第1集』山梨県立博物館、2007年

関連項目編集

外部リンク編集