メインメニューを開く
鉄鼠伝説を絵画にしたもの。月岡芳年「新形三十六怪撰・三井寺頼豪阿闍利悪念鼠と変ずる図」(1891)

頼豪(らいごう、長保4年(1002年) - 応徳元年(1084年))は、平安時代中期の天台宗。父は伊賀守藤原有家。

目次

経歴編集

園城寺(三井寺)の心誉に師事し、円行から法を受け、実相院に住した。

修法の効験で知られ、1074年承保元年)白河天皇の皇子誕生を祈願し、敦文親王が誕生したことから、園城寺戒壇創設を天皇に請うたが、園城寺と対立していた延暦寺の反対により実現しなかった。その後怨念を抱いて断食して命を絶った。

伝説編集

頼豪は死後、怨霊となって鉄鼠に化して延暦寺の経典を食い破った。この話は『平家物語』『太平記』に載せられた伝説である。

敦文親王は4歳で頼豪の祟りによって死んだとされる。ただし実際は、親王は頼豪より前の1077年に死んでいる。

創作編集

参考文献編集