顕恭皇后(けんきょうこうごう、1084年 - 1108年11月1日)は、北宋徽宗皇后欽宗の母。姓は王氏は初め静和であった。

王皇后
北宋の皇后
在位 元符3年2月10日[1] - 大観2年9月26日
1100年3月22日 - 1108年11月1日

別称 静和皇后、顕恭皇后
出生 元豊7年(1084年
死去 大観2年9月26日
1108年11月1日
埋葬 永裕陵
配偶者 徽宗
子女 欽宗
趙金奴(栄徳帝姫)
父親 王藻
テンプレートを表示

生涯編集

開封徳州刺史王藻の娘として生まれた。元符2年(1099年)6月、端王趙佶(後の徽宗)に嫁ぎ、順国夫人に封ぜられた。端王が皇帝に即位後、皇后に立てられた。趙桓(欽宗)と趙金奴(栄徳帝姫)を産んだ。

徽宗は王皇后をあまり寵愛せず、鄭貴妃(後に皇后となった)と大王貴妃を寵愛し、皇后は彼女らと等しく扱われた。大観2年(1108年)9月、崩じた。徽宗の父の神宗の永裕陵に従葬された。

伝記資料編集

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』

脚注編集

  1. ^ 『宋史』巻19 徽宗紀 元符三年二月丁未条による。