メインメニューを開く

風を結んで』は、明治維新後の士族の若者達の生涯を描いた日本のミュージカル[1]

風を結んで
作曲 甲斐正人
脚本 大谷美智浩
上演 2005年 東京
2011年 東京
テンプレートを表示

目次

主な登場人物編集

片山平吾(かたやまへいご)
郡兵衛、弥助と同じ道場で剣術を学ぶ。
田島郡兵衛(たじまぐんべい)
平吾、弥助の兄貴分的な存在。
加納弥助(かのうやすけ)
平吾、郡兵衛の友。
橘右近(たちばなうこん)
道場一の剣豪。
橘静江(たちばなしずえ)
右近の妹。橘家の苦境を救うために身を売ろうとする。
捨吉(すてきち)
由紀子の召使。
大林由紀子(おおばやしゆきこ)
洋行帰りの女性。本物の武士によるパフォーマンス集団の設立を夢見る。

キャスト編集

2005年

2011年

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ TSミュージカル”. TS MUSICAL. 2011年5月16日閲覧。

外部リンク編集