メインメニューを開く

香内 三郎(こううち さぶろう、1931年6月23日 -2006年1月20日)は、日本の社会学者。

大連生まれ。東京大学文学部社会学科卒。同大学院社会学研究科修士課程修了、東大新聞研究所助手、講師、助教授、教授、東京経済大学教授[1]。2002年定年、名誉教授。2005年「「読者」の誕生 活字文化はどのようにして定着したか」で東京経済大博士(コミュニケーション学)。1982年の『活字文化の誕生』で日本出版学会賞受賞。マス・コミュニケーション論、イギリス言論史専攻。

著書編集

共著編集

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年、香内三郎教授略歴ならびに著作目録 (香内三郎教授退任記念号)「コミュニケーション科学」2002