メインメニューを開く

香月駅(かつきえき)は、かつて福岡県北九州市八幡西区大字香月に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)香月線廃駅)である。香月線の廃止に伴い、1985年(昭和60年)4月1日に廃駅となった。

香月駅
かつき
KATSUKI
岩崎 (0.8km)
所在地 福岡県北九州市八幡西区香月
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 香月線
キロ程 3.5km(中間駅起点)
電報略号 カキ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1908年(明治41年)7月1日
廃止年月日 1985年(昭和60年)4月1日
備考 有人駅
テンプレートを表示
香月駅
かつき
KATSUKI
(2.3km) 木屋瀬
所在地 福岡県遠賀郡香月町
所属事業者 筑豊鉄道(2代)
所属路線 筑豊鉄道線
キロ程 0.0km(香月起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1915年(大正4年)1月1日
廃止年月日 1954年(昭和29年)10月1日
テンプレートを表示

なお当駅は北九州市内に存在したが、その中心駅である小倉駅へ出るにはいったん中間市水巻町を経由しなければならない「飛び地駅」であったため、特定都区市内の対象からは外されていた。

歴史編集

  • 1908年(明治41年)7月1日 - 国鉄筑豊本線貨物支線中間駅 - 当駅間開業に伴い、貨物駅として設置。
  • 1911年(明治44年)10月1日 - 旅客取り扱いを開始し、一般駅となる。同時に、中間駅 - 当駅間が香月線として筑豊本線から独立。
  • 1915年(大正4年)1月1日 - 鞍手軽便鉄道(後の筑豊鉄道(2代))が当駅 - 野面駅間開業。
  • 1916年(大正5年)4月1日 - 荷物取り扱いを開始。
  • 1954年(昭和29年)10月1日 - 筑豊鉄道(2代)の当駅 - 野面駅間廃止。
  • 1974年(昭和49年)10月1日 - 貨物取り扱い廃止。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 荷物取り扱い廃止。
  • 1985年(昭和60年)4月1日 - 香月線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

駅構造編集

廃止時は単式ホーム1面1線を持つ有人駅で、本線のほか機回し線を有した。

現状編集

 
保存されている国鉄香月駅駅名標

跡地は西鉄バス香月営業所となっており、その一角には当駅の駅名標と説明板が設置されている。

隣の駅編集

日本国有鉄道
香月線
岩崎駅 - 香月駅
筑豊鉄道
筑豊鉄道線
香月駅 - 木屋瀬駅

輸送量・収入編集

年度 旅客(人) 貨物量(トン) 旅客収入(円) 貨物収入(円)
1924 202,727 314,849 49,437 213,646
1928 223,495 364,414 48,168 251,054
1931 170,083 238,660 30,255 170,924
1935 183,385 399,426 34,978 286,411
  • 福岡県統計書各年度版より

関連項目編集