馬ヶ背(うまがせ)は、宮崎県日向市細島にある日向岬景勝地日豊海岸国定公園の南端付近に位置する。

馬ヶ背の突端に向かう歩道。水平線がきれいに見える。
馬ヶ背の断崖絶壁。上から見下ろす景色は壮観。

概要編集

日向岬(細島半島)の突端に位置する「馬ヶ背」は、太平洋の水平線を広く見渡すことのできる景勝地として日豊海岸国定公園を代表する観光地である。日向岬馬ヶ背観光案内所(馬ヶ背茶屋)に隣接する駐車場からは遊歩道が整備されており、徒歩およそ6~7分で到達する(細島灯台側のルートではおよそ12~13分)。馬ヶ背の突端へ向かう手前の展望台からは高さ70メートルにもおよぶ、柱状節理の断崖絶壁を眺めることができる。これらの絶壁は約1500万年前の海底火山噴火によって隆起したと考えられ、流れ出た溶岩が冷え固まった後、波に浸食により形成された[1]もので、溶結凝灰岩による柱状節理としては国内最大規模[2]といわれている。また、馬ヶ背の断崖絶壁が属する日向岬柱状節理は、2018年(平成30年)2月13日に国指定の天然記念物に指定されている。 当地は日向市街地から比較的近い距離にあるため、日向市の代表的な観光スポットとして週末などには多くの観光客で賑わう。

由来編集

地名は、盛りあがった岩肌を海から見ると『の背中』に似ていることから名づけられたと言われている。

植生編集

  • 樹木類

ココス(又はブラジルヤシ)、モチノキ、マテバシイ、シャリンバイ、カゴノキ、ヤブニッケイ、ハマヒサカキ、ヤブツバキ、ダイミンタチバナ、クロガネモチ、トベラ、カラスザンショウ、ネズミモチ

  • 群生花

ツワブキ、ハマカンゾウ

交通アクセス(日向岬馬ヶ背観光案内所まで)編集

周辺編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日向市史編さん委員会編著(2002)『日向史市 自然編』日向市
  2. ^ MAPPLE観光ガイド http://www.mapple.net/spots/G04500057601.htm. 昭文社.2014年11月3日閲覧。

参考文献編集

  • 日向市史編さん委員会編著(2002)『日向市史 自然編』、日向市。
  • 日向市観光協会編著(2010)『日向・東臼杵広域観光ガイドブック ひゅうが奥日向』、日向市観光協会。

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯32度25分31.4秒 東経131度41分3.3秒 / 北緯32.425389度 東経131.684250度 / 32.425389; 131.684250 (馬ヶ背)