馬加 胤持(まくわり たねもち / 千葉 胤持 ちば - )は、室町時代中期の武将千葉氏宗家を滅ぼした馬加康胤の嫡男。

 
馬加胤持 / 千葉胤持
時代 室町時代中期
生誕 永享6年(1434年
または永享8年4月5日1436年4月21日[1]
死没 康正2年6月12日1456年7月14日
別名 馬加胤持
幕府 室町幕府
氏族 千葉氏馬加氏
父母 父:馬加康胤
千葉輔胤?、胤持
テンプレートを表示

概略編集

享徳3年12月27日1455年1月15日鎌倉公方足利成氏関東管領上杉憲忠暗殺したことから享徳の乱が始まり、これに乗じた千葉氏の重臣でもある原胤房千葉城を急襲、千田庄(現在の多古町)に逃れたまだ幼い当主千葉胤宣を、康正元年8月12日(1455年9月23日)に原胤房に加担した胤持の父康胤が討って千葉氏宗家を滅ぼした。しかしこの時の胤持の行動については定かではない。

そして、原胤房は将軍足利義政が派遣した東常縁に追われ同年11月24日に逐電し、その後東常縁の入った市河城(現在の市川市市川)は、康正2年(1456年)正月19日古河公方足利成氏の派遣した簗田持助に落とされたが、東庄の近い下総匝瑳郡へ逃れ体制を立て直した東常縁に馬加城(現在の千葉市花見川区幕張町)を攻め落され、胤持は6月12日に討たれてその首は京に送られたという。

なお、父康胤は上総国八幡(現在の市原市八幡)の村田川にまで逃れたが、11月1日に討ち取られ馬加氏は滅びた。

脚注編集

  1. ^ 「千葉大系図」

外部リンク編集