馬 毓宝(ば いくほう)は、清末民初の軍人。元良孝先

馬毓宝
Ma Yubao.jpg
プロフィール
出生: 1864年同治3年)
死去: 1933年民国22年)2月1日
中華民国の旗 中華民国
出身地: 清の旗 安徽省潁州府蒙城県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 馬毓寶
簡体字 马毓宝
拼音 Mǎ Yùbǎo
和名表記: ば いくほう
発音転記: マー ユーバオ
ラテン字 Ma Yü-pao
テンプレートを表示

事跡編集

1908年光緒34年)、北洋陸軍大学正則班第1期卒業。陸軍第35標標統、九江都督となる。辛亥革命後に江西都督に擁立されたが、1912年民国元年)1月、辞任した。その後、北京政府大総統顧問などをつとめる。国民政府でも参軍処参軍となった。

1933年(民国22年)2月1日、死去。享年70。

参考文献編集

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局、1995年ISBN 7-101-01320-1
   中華民国北京政府
先代:
(創設)
江西都督
1911年11月 - 1912年1月
次代:
李烈鈞