メインメニューを開く

馬端臨(ば たんりん, 1254年宝祐2年) - 1323年至治3年))は、中国南宋初の歴史家儒学者で、『文献通考』(1317年)の撰者である。は貴与、竹洲とした。江西楽平県の出身。南宋末の丞相であった馬廷鸞の子。

広く群書を渉猟し、徽州の曹涇の許で朱子学を修めた。父の恩蔭によって承事郎となったが、南宋の滅亡後は、元朝には仕えず、慈湖書院と柯山書院の山長として野に在った。後に台州路教授となる。

杜佑の『通典』の欠を補うことを志して『文献通考』を撰し、1317年延祐4年)に仁宗に上進した。

他に著作として『大学集録』や『多識録』などがある。

伝記資料編集