メインメニューを開く

駐日トルコ共和国大使館[1]トルコ語: Türkiye Cumhuriyeti Japonya Büyükelçiliği / T.C. Japonya Büyükelçiliği英語: Embassy of the Republic of Turkey in Japan)は、トルコ日本首都東京に設置している大使館である。在東京トルコ共和国大使館[2]トルコ語: Türkiye Cumhuriyeti Tokyo Büyükelçiliği / T.C. Tokyo Büyükelçiliği英語: Embassy of the Republic of Turkey in Tokyo)とも呼ばれる。

駐日トルコ共和国大使館
Türkiye Cumhuriyeti Japonya Büyükelçiliği
Embassy of Turkey in Tokyo.JPG
駐日トルコ共和国大使館(2011年)
所在地 日本の旗 日本
住所 東京都渋谷区神宮前2-33-6
座標 北緯35度40分23.8秒 東経139度42分30.8秒 / 北緯35.673278度 東経139.708556度 / 35.673278; 139.708556座標: 北緯35度40分23.8秒 東経139度42分30.8秒 / 北緯35.673278度 東経139.708556度 / 35.673278; 139.708556
大使 ハサン・ムラット・メルジャントルコ語版
ウェブサイト tokyo.be.mfa.gov.tr
駐日トルコ共和国大使館を示すプレート(2015年)

目次

歴史編集

1924年7月7日、オスマン帝国(オスマン・トルコ)に代わって成立した民主主義国家トルコ共和国大日本帝国主権国家として承認し、日本とトルコの外交関係が樹立された。1925年駐日トルコ共和国大使館が開設される[3]。1925年から1929年にかけてフルシ・フアット・トゥガイトルコ語版代理公使が駐日代表を務めた後、1929年から1931年にかけてジェヴァト・エジネが初代駐日大使を務めた[4]1945年1月6日、日本とトルコの国交が断絶。同年2月23日、トルコが日両国に対して宣戦布告する。同年8月15日、第二次世界大戦の敗戦により大日本帝国が崩壊[3]

1952年4月28日、サンフランシスコ平和条約の発効により日本国が再独立、トルコも同条約締結国のうちの一国[5]。同年5月14日、トルコ大国民議会がサンフランシスコ平和条約を承認して日本とトルコの国交が正式に再開される。同年内に駐日トルコ共和国大使館が再開され、イッゼト・アクサルルトルコ語版が戦後初の駐日大使に就任した[3]

所在地編集

日本語 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-33-6[6]
トルコ語・英語 2-33-6, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001[6]

大使編集

2018年1月17日より、ハサン・ムラット・メルジャントルコ語版特命全権大使を務めている[7]

歴代大使からは閣僚を輩出している。1939年から1943年にかけて駐日大使を務めたアフメト・フェリト・テクトルコ語版英語版財務大臣トルコ語版英語版内務大臣トルコ語版英語版を歴任しており、1963年から1966年にかけて駐日大使を務めたメリフ・エセンベルトルコ語版英語版外務大臣トルコ語版英語版として奉職した。

出典編集

  1. ^ 「共和国」を省略して、単に駐日トルコ大使館トルコ語: Türkiye Japonya Büyükelçiliği英語: Embassy of Turkey in Japan)とも。
  2. ^ 「共和国」を省略して、単に在東京トルコ大使館トルコ語: Türkiye Tokyo Büyükelçiliği英語: Embassy of Turkey in Tokyo)とも。
  3. ^ a b c 日本とトルコの友好の歴史 | TRT 日本語
  4. ^ 大使館 | 駐日トルコ共和国大使館
  5. ^ VI 平和条約の批准・発効
  6. ^ a b お問い合わせ | 駐日トルコ共和国大使館
  7. ^ 駐日トルコ大使の信任状捧呈 | 外務省

関連項目編集

外部リンク編集