メインメニューを開く

沿革編集

1937年12月27日に駐蒙兵団が編制され、内蒙古、察南及び晋北地方の警備に当たった。1938年7月4日、駐蒙軍に改組され北支那方面軍戦闘序列に編入された。蒙疆方面での作戦及び占領地域の警備に従事。ポツダム宣言の受諾を受けた1945年8月20日大本営の方針による、支那派遣軍総司令官からの「ソ連軍に対する武装解除と停戦命令による投降せよ」との厳命を現地軍として「現実的でない命令」と判断し、進入ソ連軍を撃退。約4万人の在留邦人の後送が完了する8月21日まで防衛戦闘を行った。その後、警戒しつつ8月27日に北京から50キロの内長城の南口鎮に撤収を完了した。1946年7月27日に復員。

軍概要編集

駐蒙軍編集

  • 通称号:戊(ぼ)
  • 編成時期:1938年(昭和13年)7月4日
  • 最終位置:張家口
  • 上級部隊:北支那方面軍

歴代司令官編集

駐蒙兵団司令官編集

  • 蓮沼蕃 中将:1937年12月28日-1938年7月4日

駐蒙軍司令官編集

歴代参謀長編集

駐蒙兵団参謀長編集

駐蒙軍参謀長編集

  • 石本寅三 少将:1938年7月4日-1939年1月13日
  • 田中新一 大佐:1939年2月12日 -
  • 高橋茂寿慶 少将:1940年8月1日 -
  • 稲村豊二郎 少将:1941年10月21日 -
  • 矢野政雄 少将:1942年12月1日 -
  • 中川留雄 少将:1944年10月26日 -

最終司令部構成編集

  • 司令官:根本博中将
  • 参謀長:中川留雄少将
  • 高級参謀:田村清中佐
  • 高級副官:乾璋中佐
  • 兵器部長:平田静大佐
  • 経理部長:浅野忠通主計少将
  • 軍医部長:嶋田昇軍医大佐
  • 獣医部長:杉山一郎獣医大佐
  • 情報部長:鈴木重種大佐

所属部隊編集

太平洋戦争開戦時編集

1942-1943年当時編集

1944年12月当時編集

終戦時編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。