高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ東海

高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ東海

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ東海は、高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ東海の2017年開催分である。

大会要項編集

大会要項は次のとおり[1]

大会方式
10チームによる2回戦総当りのリーグ戦
出場権
1位と2位のチームは、プレミアリーグ参入戦に出場する
降格
降格チーム数は、プレミアリーグ昇降格チーム数により決定する。プリンスリーグ参入戦上位2チームは、次年度プリンスリーグ東海へ昇格する。

参加チーム編集

チーム チーム種別 昨年順位
名古屋グランパスU-18 愛知県 クラブユース プレミアウエスト9位
JFAアカデミー福島U-18 静岡県 クラブユース プリンス東海1位
浜松開誠館高校 静岡県 高校 プリンス東海2位
藤枝明誠高校 静岡県 高校 プリンス東海3位
清水桜が丘高校 静岡県 高校 プリンス東海4位
静岡学園高校 静岡県 高校 プリンス東海5位
ジュビロ磐田U-18 静岡県 クラブユース プリンス東海6位
中京大学付属中京高校 愛知県 高校 プリンス東海7位
帝京大学可児高校 三重県 高校 岐阜県1位
藤枝東高校 静岡県 高校 静岡県1位

出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プリンスリーグ東海”. 静岡県サッカー協会 第2種 大会・イベント情報. 2018年2月19日閲覧。

リーグ戦の展開編集

2節を残した第16節で、名古屋グランパスU-18の優勝とジュビロ磐田U-18の2位が決まり、この2チームがプレミアリーグ参入戦に出場した[2]。2チームとも参入戦を勝ち上がり、プレミアリーグに昇格した。

5位の帝京大可児高校、8位の清水桜が丘高校、9位の中京大中京高校はそれぞれ、岐阜県、静岡県、愛知県の代表としてこの年の高校選手権に出場し、帝京大可児高校はベスト16となった。

日程と結果編集

開催日 試合結果
1 4月8日 名古屋 1-1 可児 JFA 3-1 藤枝東 開誠館 3-0 中京 明誠 0-3 磐田 静学 3-1 桜が丘
2 4月15~16日 藤枝東 0-1 名古屋 磐田 1-0 JFA 静学 0-1 開誠館 桜が丘 4-0 明誠 中京 2-2 可児
3 4月22日 名古屋 2-1 中京 藤枝東 0-0 磐田 可児 3-3 静学 JFA 2-0 桜が丘 開誠館 2-0 明誠
4 4月29日 名古屋 4-0 磐田 中京 0-5 静学 藤枝東 2-3 桜が丘 明誠 0-6 可児 JFA 0-1 開誠館
5 5月6~7日 名古屋 2-2 静学 磐田 5-1 桜が丘 藤枝東 1-1 開誠館 可児 1-3 JFA 中京 4-1 明誠
6 6月24日 桜が丘 2-9 名古屋 静学 5-0 明誠 開誠館 0-2 磐田 中京 0-1 JFA 可児 2-2 藤枝東
7 7月1日 名古屋 11-1 明誠 桜が丘 1-0 開誠館 JFA 1-3 静学 磐田 4-0 可児 中京 2-1 藤枝東
8 7月8日 名古屋 3-0 開誠館 明誠 0-4 JFA 可児 4-4 桜が丘 藤枝東 1-0 静学 中京 1-5 磐田
9 7月15日 JFA 0-3 名古屋 開誠館 1-0 可児 明誠 0-9 藤枝東 中京 1-3 桜が丘 磐田 0-3 静学
10 8月26日 可児 1-3 名古屋 藤枝東 2-1 JFA 中京 2-1 開誠館 磐田 3-1 明誠 桜が丘 1-2 静学
11 9月2日 名古屋 5-0 藤枝東 可児 4-0 中京 JFA 0-3 磐田 開誠館 0-2 静学 明誠 3-2 桜が丘
12 9月9日 中京 3-5 名古屋 磐田 3-2 藤枝東 静学 1-3 可児 桜が丘 1-4 JFA 明誠 0-2 開誠館
13 9月16日 磐田 0-7 名古屋 静学 2-0 中京 桜が丘 1-4 藤枝東 可児 5-0 明誠 開誠館 1-2 JFA
14 9月23日 静学 2-2 名古屋 桜が丘 1-3 磐田 明誠 0-2 中京 開誠館 1-0 藤枝東 JFA 2-1 可児
15 10月7日 名古屋 1-2 桜が丘 明誠 0-2 静学 磐田 3-1 開誠館 JFA 0-1 中京 藤枝東 3-1 可児
16 11月25日 明誠 0-3 名古屋 開誠館 2-1 桜が丘 静学 1-2 JFA 可児 4-1 磐田 藤枝東 6-1 中京
17 12月2日 開誠館 1-3 名古屋 JFA 7-0 明誠 桜が丘 0-3 可児 静学 3-1 藤枝東 磐田 3-0 中京
18 12月9日 名古屋 6-1 JFA 可児 5-2 開誠館 藤枝東 3-0 明誠 桜が丘 2-2 中京 静学 1-2 磐田

出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プリンスリーグ東海”. 日本サッカー協会. 2018年2月19日閲覧。

順位表編集

チーム 出場権または降格
1 名古屋グランパスU-18 18 14 3 1 71 17 +54 45 プレミアリーグ参入戦に出場
2 ジュビロ磐田U-18 18 13 1 4 41 26 +15 40 プレミアリーグ参入戦に出場
3 静岡学園高校 18 10 3 5 40 20 +20 33
4 JFAアカデミー福島U-18 18 10 0 8 33 26 +7 30
5 帝京大学可児高校 18 7 5 6 46 32 +14 26
6 浜松開誠館高校 18 8 1 9 20 25 −5 25
7 藤枝東高校 18 7 3 8 38 28 +10 24
8 清水桜が丘高校 18 5 2 11 30 50 −20 17
9 中京大中京高校 18 5 2 11 22 46 −24 17
10 藤枝明誠高校 18 1 0 17 6 77 −71 3

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プリンスリーグ東海”. 日本サッカー協会. 2018年2月19日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

Jリーグ入団選手編集

Pos 名前 所属 入団チーム 備考
MF 伊藤洋輝 ジュビロ磐田U-18 ジュビロ磐田 U-18日本代表
MF 渡井理己 静岡学園高校 徳島ヴォルティス

参入戦編集

プリンスリーグ東海参入戦は、2017年のプリンスリーグ東海へ昇格するチームを決定するために開催された[3]

参入戦の出場チーム編集

各県リーグ1位のチームが出場した。出場チームは、次のとおり。

チーム チーム種別
FC岐阜U-18 岐阜県 クラブユース
袋井高校 静岡県 高校
名古屋経済大学高蔵高校 愛知県 高校
四日市中央工業高校 三重県 高校

2017年度プリンスリーグ東海参入戦”. 2018年2月19日閲覧。

参入戦の戦績編集

1回戦 昇格決定第1戦
12月16日
 袋井高校 3
12月17日
 四日市中央工高 2
 袋井高校 2(3)
12月16日
 FC岐阜U-18 2(5
 名経大高蔵高校 1
 FC岐阜U-18 3  
    
    
1回戦敗者戦 昇格決定第2戦
 
12月23日
 
 袋井高校 0
12月17日
 名経大高蔵高校 2
 四日市中央工高 0
 名経大高蔵高校 4  
    
    

東海地方の都道府県リーグ編集

岐阜県リーグ編集

FC岐阜U-18が優勝し、プリンスリーグ東海参入戦に出場した。FC岐阜U-18は参入戦でも勝ち上がり、昇格した。

岐阜県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 FC岐阜U-18 18 15 1 2 49 18 +31 46 プリンスリーグ東海参入戦に出場
2 各務原高校 18 13 1 4 51 22 +29 40
3 中京学院大学附属中京高校 18 12 2 4 66 29 +37 38
4 帝京大可児高校B 18 11 5 2 56 30 +26 38
5 岐阜工業高校 18 8 3 7 36 25 +11 27
6 大垣工業高校 18 7 3 8 37 30 +7 24
7 関商工高校 18 4 3 11 22 50 −28 15
8 長良高校 18 5 0 13 29 65 −36 15
9 メジェール岐阜瑞穂 18 3 3 12 28 64 −36 12
10 岐阜商業高校 18 1 1 16 11 52 −41 4

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯岐阜県ユースリーグ(Gリーグ) 2017 結果”. 岐阜県サッカー協会 高校サッカー・ユース. 2018年2月19日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

静岡県リーグ編集

袋井高校が優勝し、プリンスリーグ東海参入戦に出場した。

静岡県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 袋井高校 18 11 4 3 19 13 +6 37 プリンスリーグ東海参入戦に出場
2 常葉橘高校 18 9 6 3 43 25 +18 33
3 科学技術高校 18 9 3 6 41 30 +11 30
4 静岡学園高校セカンド 18 9 0 9 33 29 +4 27
5 磐田東高校 18 7 4 7 29 27 +2 25
6 東海大翔洋高校 18 7 4 7 36 45 −9 25
7 浜名高校 18 8 0 10 23 29 −6 24
8 富士市立高校 18 6 5 7 37 36 +1 23
9 飛龍高校 18 6 4 8 19 31 −12 22
10 聖隷クリストファー高校 18 2 3 13 15 37 −22 9

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017静岡・スルガカップ Aリーグ”. 静岡県サッカー協会 第2種 大会・イベント情報. 2018年2月19日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

愛知県リーグ編集

名古屋経済大学高蔵高校が優勝し、プリンスリーグ東海参入戦に出場した。名古屋経済大学高蔵高校は参入戦でも勝ち上がり、昇格した。

愛知県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 名古屋経済大学高蔵高校 18 13 2 3 40 18 +22 41 プリンスリーグ東海参入戦に出場
2 東邦高校 18 12 3 3 35 14 +21 39
3 東海学園高校 18 11 4 3 27 9 +18 37
4 名古屋高校 18 9 3 6 33 37 −4 30
5 刈谷高校 18 8 4 6 29 23 +6 28
6 岡崎城西高校 18 6 6 6 27 29 −2 24
7 名東高校 18 4 4 10 15 36 −21 16
8 中京大中京高校2nd 18 4 3 11 29 35 −6 15
9 愛工大名電高校 18 3 3 12 24 39 −15 12
10 愛知FC 17 3 1 13 10 29 −19 10

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 愛知県1部リーグ 結果”. 第2種高校 大会・試合. 2018年2月19日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

三重県リーグ編集

四日市中央工業高校が優勝し、プリンスリーグ東海参入戦に出場した。2位の三重高校は、三重県代表としてこの年の高校選手権に出場した。

三重県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 四日市中央工業高校 18 16 1 1 67 13 +54 49 プリンスリーグ東海参入戦に出場
2 三重高校 18 14 1 3 69 21 +48 43
3 海星高校 18 12 3 3 53 29 +24 39
4 宇治山田商業高校 18 9 3 6 53 27 +26 30
5 伊賀白鳳高校 18 8 2 8 42 44 −2 26
6 津工業高校 18 8 0 10 49 70 −21 24
7 四日市工業高校 18 5 3 10 26 39 −13 18
8 近畿大学工業高等専門学校 18 5 2 11 35 45 −10 17
9 上野高校 18 4 1 13 28 61 −33 13
10 暁高校 18 0 2 16 9 82 −73 2

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U18三重県サッカーリーグ 2016 1部リーグ戦表”. 三重県サッカー協会 2種委員会 大会結果. 2018年2月19日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集