高峯 一愚(たかみね いちぐ 1906年 - 2005年1月18日)は、日本哲学者西洋哲学を専門としていた。著作家、翻訳家でもあった。東京都立大学 (1949-2011)名誉教授。

人物編集

富山県氷見市生まれ。1930年東京帝国大学文学部哲学科卒業。台北高等学校教授、戦後は東京都立大学 (1949-2011)教授、1970年定年退官、名誉教授、帝京大学教授。日本カント協会の委員長を務める。『純粋理性批判』などの翻訳を行った。

2005年1月18日に多臓器不全のため品川区の病院で死去した。

著作編集

  • 『カント講義』論創社
  • 『断思断想 カント研究余滴』論創社
  • 『カント純粋理性批判入門』論創社
  • 『カント実践理性批判解説』論創社
  • 『カント判断力批判注釈』論創社
  • 『哲学』学術図書出版社(監修)
  • 『哲学十二講』三和書房
  • 『近代哲学の構造』三和書房
  • 『近代における人間の自覚』理想社
  • 『法・道徳・倫理 ヘーゲルの法哲学について』理想社
  • 『自由の歴史』 塙書房

翻訳編集