メインメニューを開く

高島 茂徳(たかしま しげのり、弘化3年4月10日1846年5月5日) - 明治9年(1876年10月24日)は、江戸時代末期(幕末)の駿府藩士。明治時代前期の陸軍軍人である。最終階級は陸軍中佐。通称は四郎兵衛・四郎平。

目次

生涯編集

弘化3年(1846年)4月10日、福田好政の三男として江戸牛込に生まれる。

慶応2年(1866年)11月29日、砲術家高島秋帆の養嗣子となった。沼津兵学校では英語を担当していた(三等教授方)というが、詳しいことは不明である。

大砲差図役頭取として明治維新を迎えた後、明治3年(1870年)に新政府に出仕して創設初期の陸軍砲兵科中佐となり、その後陸軍卿山縣有朋にその奇才を見込まれて明治9年(1876年6月19日、熊本鎮台司令部の参謀長に抜擢された。

しかし、同年の10月24日神風連の乱において、自宅で神風連・石原運四郎らの襲撃にあった。不意の襲撃に驚き、雨戸を押し開けて庭に飛び出したが、屋敷を囲んでいた一隊に「そら出た」と追いかけられ、泉水に落ちたところを水野貞雄に首を刎ねられたという。享年31。

年譜編集

家族編集

  • 実父:福田好政(栄寿)
  • 実母:飯山喜勢子
  • 養父:高島秋帆(敦)
  • 養母:池田香
  • 妻:塩野谷紀子(1847年 - 1908年)
    • 長男:茂秀(1867年 - 1902年)
    • 次男:右満弟(1869年 - 1870年)
    • 長女:俊子(1871年 - 1873年)
    • 三男:茂松(1874年 - 1915年)

参考文献編集

  • 樋口雄彦編著『幕臣 福田重固・高島茂徳兄弟』(福田達 発行、2006年)
  • 鈴木喬監修『神風連資料館収蔵品図録』(神風連資料館、1987年)ほか