メインメニューを開く

高木正明 (国会議員)

日本の政治家

高木 正明(たかぎ まさあき、1929年5月13日 - 2006年1月4日[1])は、日本の政治家自民党参議院議員

来歴・人物編集

北海道札幌市出身。中央大学法学部中退。中川一郎秘書、道議会議員などを経て、1980年第12回参議院議員通常選挙北海道選挙区から自民党公認で出馬し、宏池会新人岩本政光と共に初当選。

1983年1月の中川一郎自殺事件では、検案書作りに絡んで「急性心筋こうそくの疑い」という嘘の検案書を病院に作らせた虚偽診断書作成教唆罪に問われ、虚偽診断書作成罪に問われた病院長と共に同年11月上旬に略式命令を受けて罰金刑が言い渡された[2][3]

1998年まで3期18年務めた(98年も公認決定していたが出馬断念し道議会の後輩で中川一郎の実弟であった中川義雄が出馬)。1995年8月、村山改造内閣北海道開発庁長官沖縄開発庁長官として初入閣。1996年1月まで務めた。中川派田中派竹下派、後の小渕派に所属。1999年、勲一等瑞宝章受章。

2006年1月4日、肺炎のため札幌市内の病院で死去。76歳没[1]

略歴編集

  • 1980年 参議院議員選挙当選
  • 1986年 参議院農林水産委員長
  • 1993年 参議院議院運営委員長
  • 1995年 8月8日、北海道開発庁長官兼沖縄開発庁長官(村山改造内閣)
  • 1996年 1月11日、内閣総辞職
  • 1998年 政界引退
  • 1999年 11月3日、勲一等瑞宝章

参考文献編集

  1. ^ a b 高木正明氏死去 元北海道、沖縄開発庁長官”. 47News (2006年1月4日). 2013年8月25日閲覧。
  2. ^ “高木議員ら書類送検 中川代議士の自殺隠し”. 朝日新聞. (1983年3月7日) 
  3. ^ “高木参議院議員と院長の罰金刑確定 中川一郎氏自殺事件”. 朝日新聞. (1983年12月6日) 


議会
先代:
井上孝
  参議院議院運営委員長
1993年
次代:
前田勲男
先代:
成相善十
  参議院農林水産委員長
1986年 - 1987年
次代:
岡部三郎
公職
先代:
小沢潔
  北海道開発庁長官
1995年 - 1996年
次代:
岡部三郎
先代:
小沢潔
  沖縄開発庁長官
1995年 - 1996年
次代:
岡部三郎