メインメニューを開く

高村 直助(たかむら なおすけ、1936年10月17日 - )は、日本史学者・東京大学フェリス女学院大学名誉教授。専門は日本近代経済史・産業史。

目次

経歴編集

大阪市出身。1955年大阪府立高津高等学校卒業、1959年東京大学文学部卒業、1965年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学、社会科学研究所助手(- 1966年)。

1971年から東京大学文学部助教授、教授を務め、1997年定年退官、名誉教授、フェリス女学院大学国際交流学部教授。2007年退職、名誉教授。84年「日本資本主義史論」で東大文学博士

横浜市三度目の市史編集事業になる『横浜市史 II 』の代表編集委員を務め、2004年横浜市歴史博物館館長、横浜開港資料館館長。

受賞歴編集

  • 1972年日本経済図書文化賞受賞

著書編集

単著編集

  • 『日本紡績業史序説』(上・下、塙書房、1970-71年)
  • 『日本資本主義史論 産業資本・帝国主義・独占資本』(ミネルヴァ書房、1980年)
  • 『近代日本綿業と中国』(東京大学出版会、1982年、新版2012年)
  • 『再発見 明治の経済』(塙書房、1995年)
  • 『会社の誕生』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー〉、1996年)
  • 『都市横浜の半世紀―震災復興から高度成長まで』(有隣堂〈有隣新書〉、2006年)
  • 『明治経済史再考』(ミネルヴァ書房、2006年)
  • 小松帯刀』(吉川弘文館〈人物叢書〉、2012年)
  • 『歴史研究と人生 我流と幸運の七十七年』(日本経済評論社、2015年)
  • 永井尚志 皇国のため徳川家のため』(ミネルヴァ書房〈日本評伝選〉、2015年)

編著編集

  • 『県民100年史 神奈川県の百年』(山川出版社、1984年)
  • 『日露戦後の日本経済』(塙書房、1988年)
  • 『企業勃興―日本資本主義の形成』(ミネルヴァ書房、1992年)
  • 『商人と流通―近世から近代へ』(山川出版社、1992年)
  • 『産業革命(近代日本の軌跡8)』(吉川弘文館、1994年)
  • 『道と川の近代』(山川出版社、1996年)
  • 『明治の産業発展と社会資本』(ミネルヴァ書房、1997年)
  • 『明治前期の日本経済―資本主義への道』(日本経済評論社、2004年) 
  • 『日本近現代人名辞典』(吉川弘文館、2001年)

論文(著書未収録のもの)編集

  • 「江戸後期における木曽商人」『日本歴史』425号(吉川弘文館、1983年)
  • 「転換期としての第一次大戦と日本」『講座日本歴史9 近代3』(東京大学出版会、1985年)
  • 「批判の作法」『史学雑誌』106編9号(山川出版社、1997年)
  • 「沖守固と原六郎」『横浜開港資料館紀要』26号(横浜開港資料館、2008年)
  • 「維新期における対外折衝と横浜」『横浜開港資料館紀要』28号(横浜開港資料館、2010年)