メインメニューを開く

高橋 尚弥(たかはし なおや、1993年8月28日 - )は、日本陸上競技選手。専門は長距離走岩手県北上市出身。岩手県立黒沢尻北高等学校[1]東洋大学理工学部卒業。安川電機所属。身長180cm 体重62kg[1]

高橋 尚弥
たかはし なおや
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 高橋 尚弥
ラテン文字 Naoya Takahasi
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走
所属 安川電機
大学 東洋大学理工学部電気電子情報工学科卒業
生年月日 (1993-08-28) 1993年8月28日(26歳)
生誕地 岩手県の旗岩手県北上市
身長 180cm
体重 62kg
自己ベスト
5000m 13分52秒22
10000m 29分06秒60
ハーフマラソン 1時間02分31秒
編集 テンプレートのヘルプを表示する

来歴・人物編集

高校時代は岩手県高校総体にて3冠(1500m,3000mSC,5000m)を達成するなど県ではトップクラスながら、全国では名が知られない存在だった[1]。東洋大学進学後、3年生の2015年1月に開催された第91回東京箱根間往復大学駅伝競走に、復路6区にエントリーされる形で箱根駅伝に初出場し、区間8位であった[1]

大学4年となってから、5000mで13分台、10000mで29分台前半の記録を出し、「もう一歩でチームの主力となりうる存在」と報道で評された[1]。大学入学後、トップクラスになるまで時間がかかった理由について、東洋大学陸上部監督の酒井俊幸は「大きな選手は、小さい選手に比べて筋力が必要なので、どうしても時間がかかります」と述べている[1]

2015年10月12日の出雲全日本大学選抜駅伝競走は1区に起用される。8 - 9位の順位で中継所近くまで来たが、曲がるべきコースを誤って直進したため、本来のコースに戻るまで20 - 30秒のタイムロスを生じ、その間に12位に後退した[2]。これが響いて東洋大学は最終的に4位となった[2]。同年11月の全日本大学駅伝対校選手権大会では5区にエントリーされる[3]。首位で襷を受け取り、青山学院大学にトップを譲りながらもほぼ並走する形で6区につなぎ、最終的にチームは初の大学駅伝日本一となった[4]

2016年1月の第92回東京箱根間往復大学駅伝競走では復路の9区に起用され、トップと7分03秒差の2位で襷を受ける。1時間10分58秒の区間5位でトップとの差を25秒縮めたが[5]、チームはそのまま総合2位でゴールし、2年連続優勝を逃した。

大学卒業後、安川電機に入社[6]

自己ベスト編集

  • 5000m:13分52秒22
  • 10000m:28分22秒98
  • ハーフマラソン:1時間02分31秒

戦績編集

2011年 全国高校総体 3000mSC

予選4組13位 9分45秒97

2015年
2016年
  • 1月 - 第92回東京箱根間大学往復駅伝 1時間10分58秒 区間5位

脚注編集