高橋 崇(たかはし たかし、1929年8月13日[1] - 2014年7月29日)は、日本歴史学者。専門は日本古代史。

静岡県生まれ。1953年東北大学文学部国史学科卒業。1963年、「律令官人給与制度の研究」で東北大学文学博士弘前大学講師、東北大学教養部助教授、岩手大学教授を歴任。[2]

著書編集

  • 坂上田村麻呂吉川弘文館 人物叢書([[1959年]])
  • 『日本の武将 藤原秀衡人物往来社([[1966年]])
  • 『律令官人給与制の研究』吉川弘文館([[1970年]])
  • 蝦夷 古代東北人の歴史』中公新書([[1986年]])
  • 『蝦夷の末裔 前九年後三年の役の実像』中公新書([[1991年]])
  • 『律令国家東北史の研究』吉川弘文館(1991年)
  • 『藤原秀衡 奥州藤原氏の栄光』新人物往来社([[1993年]])
  • 『古代東北と柵戸』吉川弘文館([[1996年]])
  • 『藤原氏物語 栄華の謎を解く』新人物往来社([[1998年]])
  • 『奥州藤原氏 平泉の栄華百年』中公新書([[2002年]])

編集編集

  • 『古代の地方史 第6巻 奥羽編』編集 朝倉書店([[1978年]])

編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『奥州藤原氏』中公新書、著者紹介