高橋歩

高橋 歩(たかはし あゆむ、1972年8月26日 - )は、「自由人」を自称する日本実業家随筆家東京都港区生まれ。A-Works、play earth、アイランドプロジェクト代表取締役。

目次

来歴編集

20歳の時に映画『カクテル』に憧れて神田外語大学を中退し、多額の借金をして、1994年に仲間とアメリカンバー「RockWell'S」を千葉市中央区に開店(通称:千葉ロック)。ノーマン・ロックウェルの絵を店内にいくつも飾り、インディアンライスが名物だったこの店はその後、上大岡(通称:ハマロック)、吉祥寺父島と、2年間で4店舗に広げられた。

1995年8月の23歳の時、自伝を出す為に仲間と「サンクチュアリ出版」(現:サンクチュアリ・パブリッシング)を設立し、1997年10月に自伝『毎日が冒険』を出版した。その後、326の著作なども出版する。

26歳で結婚。結婚式の3日後、全ての肩書きをリセットし、妻との新婚旅行として、二人で1年8ヶ月間にわたる世界一周旅行を敢行。南極から北極まで、世界数十ヶ国を旅した。 帰国後、2000年12月に沖縄県に移住し、出版社のA-Works、飲食業のPLAY EARTH、アイランドプロジェクトの代表取締役代表として活動する傍ら、講演や執筆活動を行っている。

沖縄への移住後に読谷村で経営していたビーチロックハウスは、住民との間で騒音やゴミ問題などのトラブルを起こし、2005年9月に契約期限切れで閉店。また、2001年1月に開始した無人島でのパラダイス建設を目指す「島プロジェクト」は、一時、宮古島市池間島での不登校引きこもりの青少年のためのフリースクール建設計画として具体化したが、地元住民からの反対運動を受け2003年9月に撤退を余儀なくされた[1]。現在は再び無人島でのパラダイス建設を掲げつつ、2006年春から今帰仁村においてビーチロックビレッジを開いている。

神田外語大学時代の同級生に、ミュージシャンの細美武士がいる[2]

主な出演作品編集

バラエティ番組編集

主な著書編集

  • はばたけ、オレの自由ドリ
  • オモシロキ コトモナキ世ヲ オモシロク
  • HEAVEN'S DOOR
  • LOVE&FREE NEWYORK EDITION
  • 自由への扉
  • 愛しあおう。旅にでよう。
  • SANCTUARY
  • イツモ。イツマデモ。
  • 毎日が冒険
  • WORLD JOURNEY
  • Adventure Life
  • LOVE&FREE
  • 人生の地図
  • ISLAND STORY
  • FREEDOM
  • 夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。
  • いつもココロに青空を。青空はつながっている。

脚注編集

外部リンク編集