メインメニューを開く

神奈川県立柏陽高等学校(かながわけんりつ はくようこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市栄区柏陽1番1号にある県立高等学校。全日制普通科が設置されている。

神奈川県立柏陽高等学校
Hakuyohs.jpg

神奈川県立柏陽高等学校の位置(神奈川県内)
神奈川県立柏陽高等学校
神奈川県立柏陽高等学校 (神奈川県)
神奈川県立柏陽高等学校の位置(日本内)
神奈川県立柏陽高等学校
神奈川県立柏陽高等学校 (日本)
国公私立の別 公立学校
設置者 神奈川県の旗 神奈川県
設立年月日 1967年1月1日
創立記念日 5月6日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 14124A
所在地 247-0004
北緯35度21分56.40秒 東経139度33分13.40秒 / 北緯35.3656667度 東経139.5537222度 / 35.3656667; 139.5537222座標: 北緯35度21分56.40秒 東経139度33分13.40秒 / 北緯35.3656667度 東経139.5537222度 / 35.3656667; 139.5537222
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概観編集

1967年昭和42年)4月1日戸塚区(当時)初の県立高校として開校する。「柏陽」の名は、柏尾川の「柏」と太陽の「陽」とを結び、当時の神奈川県知事内山岩太郎が命名したものである。敷地は、かつて第一海軍燃料廠であり、戦後は1952年(昭和27年)に跡地を駐留軍が接収して「大船PX」として利用していたが、1967年(昭和42年)に全面返還され本校が建設された。開校時の校舎の一部は第一海軍燃料廠の施設を改修して用いたため、開校後24年目から校舎の全面改築を行っている。

隣接学区からも志願できる特例措置、高校の近くへの根岸線本郷台駅が新設され、志望者が増加した。さらに1981年度(昭和56年度)からは、希望ヶ丘高校横浜平沼高校と一緒の横浜中部学区から分離され、新たに南高校港南台高校などと横浜南部学区を形成した。

開校時から自然科学教育を重視しており、2003年平成15年)に文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)研究開発校の指定を受け(2006年度まで)、大学や企業と連携した科学教育の取り組みを行った。SSH指定により登場したカリキュラムの一部はSSH指定の終了した現在でもSPP(サイエンスパートナーシッププログラム)として継続されている。また、SSH指定に伴って整備された設備はその多くが現在でもそのまま利用されている。

2015年9月現在、23クラス919名が在籍している。

沿革編集

(沿革節の主要な出典は公式サイト[1]

  • 1967年昭和42年)1月 : 全日制普通科設立。横浜平沼高校内に事務所を設置
  • 1967年4月 : 現在地に移転。第一回入学式(5クラス200名)
  • 1974年12月 : 特別教室棟が完成(校舎改修及び新設整備完了)
  • 1991年平成3年) : 校舎改築開始(旧校舎解体開始)
  • 1994年3月 : 校舎改築完了
  • 2003年4月 : スーパーサイエンスハイスクール研究開発校指定

部活動編集

  • 運動系
    • バレーボール、陸上、バスケットボール、バドミントン、剣道、サッカー、硬式野球、卓球、ソフトテニス、山岳、ソフトボール、ハンドボール、水泳、ラグビー、テニス
  • 文化系
    • 美術、写真、演劇、茶道、理科、文芸、合唱、英語、数学、吹奏楽、書道、デザイン・ワーク、クラシックギター、軽音楽、競技かるた

交通編集

著名な出身者編集

五十音順

文化・芸能編集

マスメディア編集

スポーツ編集

芸術・文芸編集

学術・研究編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 沿革”. 柏陽高等学校. 2019年6月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集