メインメニューを開く

高橋浩一郎(たかはし こういちろう、1913年5月3日-1991年8月21日[1])は、日本の気象学者

東京市下谷区生まれ。父は医師で随筆家の高橋毅一郎。1936年東京帝国大学理学部物理学科卒、中央気象台に入る。1948年「外插法に基く量的天気予報の研究」で東京帝国大学理学博士気象研究所予報研究部長、札幌管区気象台長、気象庁予報部長、気象庁長官、筑波大学教授、77年定年退官。日本気象協会副会長[2]

著書編集

  • 『気象統計』河出書房 統計学叢書 1945
  • 『天気予報講話』地人書館 1948
  • 『季節予想』氣象協会 氣象解説叢書 1950
  • 『長期予報』岩波全書 1951
  • 『気象と統計』宝文館 NHK教養大学 1952
  • 『雲の観察』さ・え・ら書房 ぼくたちの研究室 1953
  • 『日本の気候』生住準之助等絵 講談社の学習図鑑 1954
  • 『動気候学 とくに日本の天候について』岩波書店 1955
  • 『気象学講座 第8巻 気象統計』地人書館 1956
  • 『応用気象論 順応から気象の制御へ』岩波書店 1961
  • 『日本の天気』岩波新書 1963
  • 『気象災害論』地人書館 新気象学薦書 1968
  • 『総観気象学』岩波書店 1969
  • 『生存の限界 日本の未来を予測する』毎日新聞社 1973
  • 『気象を見る眼』共立出版 科学ブックス 1974
  • 『災害論 天災から人災へ』東京堂出版 1977
  • 『天気予報 理論と実際』海洋出版 イルカぶっくす 1977
  • 『新お天気百話』朝日新聞社 1979
  • 『気候が変わる そのインパクト』中公新書 1980
  • 『天気予報の科学』日本放送出版協会 NHKブックス 1980
  • 『カレンダー日本の天気』岩波ジュニア新書 1982
  • 『雲を読む本 空を見るのが楽しくなる』講談社ブルーバックス 1982
  • 『生存の条件 21世紀の日本を予測する』毎日新聞社 1982
  • 『気象なんでも百科』岩波ジュニア新書 1984
  • 『気候と人間』日本放送出版協会 NHKブックス 1985
  • 『気象歳時記 理科年表読本』丸善 1986
  • 『デタラメを科学する カオスの世界』丸善 1989

共編著・監修編集

  • 『異常気象覚書』畠山久尚共著 地人書館 1944
  • 『天気予報論』大谷東平共著 地人書館 1947
  • 『最近の氣象學 第1集 (豫報技術の基礎)』編 気象協会 1951
  • 『天気の変化』渡辺次雄共著 三省堂 理科文庫 1951
  • 『最近の氣象學 第2集 (台風と雨)』編 気象協会 1952
  • 『日本の気象』編 毎日新聞社 1956
  • 『天気と変化』渡辺次雄共著 三省堂 やさしい科学選集 1957
  • 『天文と気象の図鑑』古畑正秋,竹内丑雄共著 岡順次等絵 講談社の学習大図鑑 1958
  • 『少年少女学習百科全集 15 地球の科学』大森昌衛共著 小川政博等絵 講談社 1963
  • 『世界の気象』編 毎日新聞社 1974
  • 『なぜなぜ理科学習漫画 大自然の驚異』監修 あいかわ一誠集英社 1974
  • 『気候変動と食糧 国際会議からのレポート』編 大明堂 1977
  • 『気象と気候 理科年表読本』宮澤清治共著 丸善 1980
  • 『衛星でみる日本の気象』山下洋土屋清中村和郎共編 岩波書店 1982
  • 『気象学百年史 気象学の近代史を探究する』新田尚,内田英治共著 東京堂出版 気象学のプロムナード 1987
  • 『21世紀の地球環境 気候と生物圏の未来』岡本和人共編著 日本放送出版協会 NHKブックス 1987
  • 『気象と気候 理科年表読本』宮沢清治共著 丸善 1993
  • 『気候変動は歴史を変える』朝倉正共著 丸善 1994

追想集編集

  • 『高橋浩一郎博士追想集』高橋浩一郎博士追想集編集委員会,1993

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年