メインメニューを開く

高橋 美香(たかはし みか、1974年3月3日- )はパレスチナ問題などを主に扱うフォトジャーナリストである。

高橋美香
生誕 1974年3月3日
日本の旗 日本広島県 府中市
教育 東京国際大学国際関係学部
職業 フォトジャーナリスト

経歴編集

1974年広島県府中市高木町生まれ。広島県立自彊高等学校卒業[1]東京都西東京市在住を経て埼玉県さいたま市在住[2]。高橋は日本ジャーナリスト専門学校在学中に写真家の長倉洋海の作品にであったことがきっかけで、パレスチナ問題に関心を抱き始め、中東政治に関して深く研究するために東京国際大学国際関係学部に進学。1999年卒業後、2000年にエジプトへ留学しアラビア語を勉強した。日本に帰国後、書店でのアルバイトを経て東急電鉄で勤務した[3]パレスチナのほかに、エジプトアフガニスタンシリアレバノンモロッコ、及び東北地方被災地も取材した。

著書編集

脚注編集

  1. ^ 『読売新聞』、2010年12月25日。
  2. ^ 広島)パレスチナの「明日」見つめた写真展 福山
  3. ^ “パレスチナで撮った「安らぎ」 西東京の高橋さん 62枚の写真展 13日まで神保町で”. 読売新聞. (2010年2月6日) 

外部リンク編集