高橋迪雄

高橋 迪雄(たかはし みちお、1939年5月8日 - )は、日本の動物生理学者。専門は獣医生理学金沢市生まれ。

目次

経歴編集

1958年東京都立日比谷高等学校卒業。1963年東京大学農学部獣医学科卒業。1968年同大学院博士課程修了、農学博士となる。博士論文題名は「ラットの性周期回帰に及ぼす光の影響」[1]。東京大学助手・助教授を経て、1986~1999年獣医生理学研究室教授を務める。この間、1972~1974年米国ハーバード大学医学部に留学。

1999年11月、定年直前に味の素株式会社に転職。新設の健康基盤研究所所長として2007年まで勤務、「健康基盤食品」の研究開発に従事。その後、2011年まで常勤顧問。2011年から2014年まで、株式会社グローバルニュートリショングループ常勤顧問。

福井大学医学部・金沢医科大学医学部・島根大学医学部などの非常勤講師を歴任。

学会活動関係では、1986~2000年Biology of Reproduction(アメリカ生殖生物学会機関誌)編集委員・1991~1999年Endocrine Journal(日本内分泌学会機関誌)編集委員長・1993~1997年Journal of Reproduction and Development (繁殖生物学会機関誌)編集委員長として各学会に貢献し、また 日本獣医学会理事長・日本内分泌学会理事・日本神経内分泌学会会長・繁殖生物学会理事長などを歴任。

研究業績編集

大学時代は、生殖内分泌学神経生物学を中心とした研究を行ったが、味の素への転職後は、アミノ酸生理学を中心とした課題に取り組んだ。主な発表論文は以下の通り。

  • Takahashi, M., Yoshinaga, K. and Greep, R. O. (1974): Induction of ovulation in hypophysectomized rats by progesterone. Endocrinology, 95, 1322-1326.
  • Katayama, T., Shiota, K. and Takahashi, M. (1990): Activin A increases the number of follicle-stimulating hormone cells in anterior pituitary cultures. Mol. Cell. Endocrin., 69, 179-185.
  • Matsuyama, S., Shiota, K. and Takahashi, M. (1990): Possible role of transforming growth factor-β as a mediator of luteotropic action of prolactin in rat luteal cell cultures. Endocrinology, 127, 1561-1567.
  • Ogawa, K., Abe, K., Kurosawa, N., Kurohmaru, M., Sugino, H., Takahashi, M. and Hayashi, Y. (1993): Expression of a, bA and bB subunits of inhibin or activin and follistatin in rat pancreatic islets. FEBS, 319, 217-220.
  • Matsuyama, D., Chang, KT., Kanuka, H., Ohnishi, M., Ikeda, A., Nishihara, M. and Takahashi, M. (1996): Occurrence of deoxynucleic acid fragmentation during prolactin induced structural luteolysis in cycling rats. Biol. Reprod., 54, 1245-1251.
  • Funaba, M., Ogawa, K., Murata, T., Fujimura, H., Murata, E., Abe, M., Takahashi, M. and Torii, K. (1996): Follistatin and activin in bone: Expression and localization during endochondral bone development. Endocrinology, 137, 4250-4259.
  • Yoo, M.-J., Nishihara, M. and Takahashi, M. (1997): Tumor necrosis factor-a mediates endotoxin induced suppression of gonadotropin-eleasing hormone pulse generator activity in the rat. Endocrine J., 44, 141-148.
  • Horai, R., Asano, M., Sudo, K., Kanuka, H., Suzuki, M., Nishihara, M., Takahashi, M. and Iwakura, Y. (1998): Production of mice deficient in genes for IL-1a, IL-1b, IL-1a/b and the Il-1 receptor antagonist shows that IL-1b, but not IL-1a is crucial in turpentine-induced fever and glicocorticoid induction. J. Exp. Med., 9, 1463-1475.
  • Suzuki, M., Nishihara, M. and Takahashi, M. (1998): Identification of a sex steroid-inducible gene in the neonatal rat hypothalmus. Neurosci. Lett., 242/3, 127-130.
  • Kuranaga, E., Kanuka, H., Bannai, M., Suzuki, M., Nishihara, M. and Takahashi, M. (1999): Fas/Fas ligand system in prolactin-induced apoptosis in rat corpus luteum: Possible role of luteal immune cells. BBRC, 260, 167-173.
  • Inoue, N., Matsunaga, Y., Satoh, H. and Takahashi, M. (2007): Enhanced energy expenditure and fat oxidation in humans with high BMI scores by the ingestion of novel and non-pungent capsaicin analogues (capsinoids). Biosci. Biotechnol. Biochem., 71(2), 380-389.

受賞など編集

  • 2000年、日本農学賞・読売農学賞を受賞。

著書編集

  • 『ヒトはおかしな肉食動物 体毛のない一夫一妻制の哺乳類のちょっとヘンな生殖戦略』講談社、2005年 のち講談社+α文庫

共著・監修編集

翻訳編集

  • ジェームス・G・カニング『獣医生理学』監訳 文永堂出版、1994年

エピソード編集

糸井重里との対談で、研究テーマに関係した現代社会の人間がもつ問題の一端を解説し、ほぼ日刊イトイ新聞に掲載され、多くの読者を集めている(外部リンク参照)。

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク編集