ほぼ日刊イトイ新聞

ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼにっかんイトイしんぶん)は、コピーライター糸井重里(通称「darling(ダーリン)」)が主宰し、株式会社ほぼ日によって運営されているウェブサイトである[2]

ほぼ日刊イトイ新聞
URL www.1101.com
使用言語 日本語
運営者 株式会社ほぼ日
設立者 糸井重里
収益 物販収入ほか
アレクサ
ランキング
15,315位(日本:1188位)[1]
設立日 1998年6月6日
現状 運営中

目次

概要編集

一般にほぼ日(ほぼにち)と略されており、サイト内での通称としても公称されている。元来、日刊では更新の精神的プレッシャーやコンテンツ的にも厳しいと考えた糸井の案で、余裕を持たせて「ほぼ日刊」と称してはいるもの、発足した1998年6月6日午前0時(バリ島時間)のサイト開設以来、毎日何らかのコンテンツが更新されている[3]

もともとは糸井個人のウェブサイトとして始まったが、Tシャツ手帳といった物販に力を入れていき、高い収益性を誇る国内有数のサイトへと成長した。現在、1日に約150万ページビューに達しており、個人のウェブサイトとしては日本最大規模を誇る[4]。後述の通り会員制の有料コンテンツや、広告スペースの販売などを今日まで一切行っていないにも関わらず、2014年には年間売上高が30億円に達した[5]。2012年にはポーター賞を受賞している[6]

ほぼ日の事務所は魚籃坂下の「明るいビル」内にあったが、2005年11月に青山へ引っ越したのち、ページ規模の拡大に従い幾度かの転居を経験している。

 
2005年10月までに入居していた明るいビル

コンテンツ編集

今日のダーリン編集

糸井重里によって毎日執筆されている「エッセイのようなもの」。トップページに掲載されている。サイト開設以来、一度も休むことなく毎日書き続けられている。

大きな特徴として、これまでに執筆された過去のエッセイは残されておらず、その日のうちに読んでおかないと次の日にはデータが更新されてしまう。ただし、過去のエッセイ等をまとめた書籍が販売されている。

対談編集

糸井重里自身がゲストを招き、対談を行うコンテンツも多様な業界の人物が訪れる。過去に登場した人物の一例として、明石家さんま荒俣宏イチロー川上弘美坂本龍一さくらももこ萩本欽一鈴木敏夫立川談志谷川俊太郎タモリ笑福亭鶴瓶矢沢永吉松本人志原辰徳中畑清田口壮養老孟司為末大等がいる。

物販編集

グッズとして、多くの企画商品を開発と販売を、大手のメーカーと協力して行っており、Tシャツカレンダー綴じ手帳、土鍋など多岐に渡る商品制作が行われている。ほぼ日の収益の中心となっている。

特に「ほぼ日手帳」と呼ばれるオリジナルの綴じ手帳は、サイト黎明期からユーザーの様々な意見を取り入れ完成された人気グッズとなり、「進化する手帳」として現在でも毎年改良を重ねながら販売され続けている。

また、コンテンツから誕生した書籍が、数多く発行されているほか、DCカードと提携した「ほぼ日クレジットカード」まで発行された(現在新規発行は終了)。その他、日清食品セブンイレブンと共同で、ほぼ日公式のカップラーメン「サルのおせっかい」を制作、販売した事もある。

樹の上の秘密基地編集

糸井重里が制作したゲーム作品「MOTHERシリーズ」との繋がりから任天堂との関係が深く、開設以来「樹の上の秘密基地」という任天堂周辺の連載が続けられている。2006年には任天堂が『MOTHER3』の情報をほぼ日に優先的に提供したり、ほぼ日スタッフが任天堂ホームページのページを担当することや、共同で企画で行うなど緊密な連携が見られた。

なお、任天堂の元社長である岩田聡は糸井との個人的親交のもと、ほぼ日の「電脳部長」の肩書きを持っている。これは岩田が本サイトの立ち上げと、糸井重里事務所内のオンライン化に友人として個人的に大きく尽力していたため(サイト立ち上げ時、岩田はHAL研究所に在籍)。岩田や宮本茂を招いての対談も定期的に行われている。

イベント編集

サイト上での展開だけでなく、様々なイベント運営も企画し、主なものとして立川志の輔を招いた落語会「気仙沼さんま寄席」、読者を招待しての東京ドームでの野球観戦、2013年の創刊15周年の記念行事として、「はたらきたい展。」を6月6日〜17日に渋谷のパルコミュージアム[7]、同年12月28日〜2014年1月19日に梅田ロフト、2014年4月25日〜5月11日に福岡パルコでそれぞれ開催している。

その他編集

2014年8月2日に直営の店舗兼ギャラリー(イベントスペース)「TOBICHI」(地図)を本社近くにオープンし、2015年2月22日にはその別館となる「TOBICHI②」(地図)をオープンしている。

株式会社ほぼ日編集

株式会社ほぼ日
Hobonichi Co., Ltd.
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社
市場情報
東証JQ 3560
2017年3月16日上場
本社所在地   日本
107-0061
東京都港区北青山二丁目9番5号
スタジアムプレイス青山9階
設立 1979年12月24日(有限会社東京糸井重里事務所)
業種 小売業
事業内容 ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営およびコンテンツ製作、商品の販売 他
代表者 代表取締役社長 糸井重里
資本金 1,000万円(2016年8月現在)
売上高 37億6,750万7千円(2016年8月期)
営業利益 4億9,954万8千円(2016年8月期)
経常利益 5億290万7千円(2016年8月期)
純利益 3億541万2千円(2016年8月期)
純資産 19億8,556万8千円(2016年8月31日現在)
総資産 31億5,495万3千円(2016年8月31日現在)
従業員数 69名(契約社員含む)
(2017年3月1日現在)
決算期 8月31日
会計監査人 東陽監査法人
外部リンク http://www.hobonichi.co.jp/
特記事項:2016年12月、株式会社東京糸井重里事務所より社名変更[8]
テンプレートを表示

「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営する株式会社ほぼ日は、1979年に糸井重里の個人事務所として設立された。2017年3月16日にジャスダックに上場した[9]

ほぼ日の収入の約7割がほぼ日手帳の売り上げに依存しており、故に株式市場における業種区分も「小売業」となっている。

「ほぼ日」発の書籍編集

  • LIFE なんでもない日、おめでとう! のごはん。(飯島奈美著)
  • LIFE2 なんでもない日、おめでとう! のごはん。(飯島奈美著)
  • LIFE3 なんでもない日、おめでとう! のごはん。(飯島奈美著)
  • 「LIFE 副菜」おかず、おかわり!(飯島奈美著)
  • LIFEあつまる。(飯島奈美著)
  • みんなのおやつ ちいさなレシピを33(なかしましほ著)

オリジナルグッズ編集

  • ほぼ日手帳
  • ほぼ日ホワイトボードカレンダー
  • やさしいタオル
  • ほぼ日はらまき
  • カレーの恩返し

脚注編集

  1. ^ 1101.com Site Overview”. Alexa. 2017年3月16日閲覧。
  2. ^ ほぼ日刊イトイ新聞 - ほぼ日刊イトイ新聞について
  3. ^ 原則、平日は11時、土休日は9時(いずれも、JST)に当日の分を更新している。
  4. ^ 「ほぼ日」は売れ筋を“考えない” - 東洋経済オンライン(2012年11月15日)
  5. ^ ほぼ日刊イトイ新聞 会社概要
  6. ^ 初志を貫く! 広告で収益を上げない東京糸井重里事務所 (1/3)
  7. ^ 「はたらきたい展。」の開催案内 - パルコミュージアム
  8. ^ 株式会社 ほぼ日」になりました。 (2016年12月1日付けで、株式会社東京糸井重里事務所より社名変更。)
  9. ^ 新規上場会社の概要 - 日本取引所グループ
  10. ^ 意外と知らないお坊さんの生活…住職の実体験をつづった「ボクは坊さん。」映画化”. 映画.com (2015年5月13日). 2015年5月13日閲覧。

外部リンク編集