高瀬 忠敦(たかせ ただあつ、寛文8年(1668年)- 寛延2年6月15日1749年7月28日))は、江戸時代中期に紀州藩に仕えた医師朱子学者喜朴(きぼく・喜樸/希樸)。学山(がくざん)など。通称は忠兵衛・作右衞門。

人物編集

紀州藩藩医の子に生まれ、初めは医師として藩に仕えたが、後に江戸朱子学を学んだ。藩主徳川吉宗に信任されて正徳3年(1713年)に奥詰めを命じられて年々10両が与えられた。吉宗が征夷大将軍になると、新しく藩主になった従兄弟の徳川宗直からも重用され、享保14年(1729年)に40石、元文5年(1740年)に50石に加増され、儒者としての待遇を受けた。荻生徂徠大岡忠相とも親交が厚かった。

唐六典』や『明律』(律令法)に精通し、『大明律例訳義』13巻を初め、『唐律解』9巻・『唐律諺解』16巻・『明律訣義』14巻・『明律詳解』31巻など中国法制に関する著作を多数著した。また、『論語鈔説』10巻・『孟子鈔説』7巻・『医学正伝標註』4巻など儒教・医学に関する著書も著している。他に『学山文集』10巻などがある。

参考文献編集

  • 安藤精一「高瀬学山」(『国史大辞典 9』(吉川弘文館、1988年) ISBN 978-4-642-00509-8