メインメニューを開く

高田瑞穂

高田 瑞穂(たかだ みずほ、1910年(明治43年)5月13日 - 1987年(昭和62年)1月10日)は、日本の近代文学者。成城大学名誉教授

目次

生涯編集

  耽美派や芥川龍之介などの研究で知られる。多くの研究書と啓蒙書、3冊の受験参考書がある。享年76。

『新釈現代文』に関して編集

1960年(昭和35年)9月に新塔社から刊行された『新釈 現代文』は、現代文を読むための「たった一つのこと」だけを説いた高校生、大学受験生向けの本である。その後20年余り、現代国語の受験参考書としてベストセラーとなった。「たった一つのこと」とは、文脈を追跡するための「内面的運動感覚」である。論旨の展開を追跡する論理感覚とでもいうものであった。同書は、1986年(昭和61年)3月重版ののち絶版となっていたが、2009年6月に至り、ちくま学芸文庫の一冊として復刊された。復刊の巻末には、石原千秋「解説--人生と研究と参考書」が付されており、近代を知るための思想書のような価値があると説かれている。

著書編集

  • 木下杢太郎』天明社 1949
  • 『志賀直哉とその作品』学友社 1949
  • 『横光利一』市ヶ谷出版 1951
  • 『新釈現代文』新塔社 1959 のちちくま学芸文庫 
  • 『反自然主義文学』明治書院 1963
  • 『現代小説』学燈文庫 1963
  • 堀辰雄大竹新助写真 明治書院 写真作家伝叢書 1966
  • 『近代耽美派 心象と方法』塙選書 1967
  • 『近代文学の明暗』清水弘文堂書房 1971
  • 萩原朔太郎研究』三弥井書店 1973
  • 『芥川竜之介論考』有精堂出版 1976
  • 『日本近代詩史』早稲田大学出版部 1980
  • 『大正文学論』有精堂出版 1981
  • 『日本近代文学の宿命』明治書院 1982
  • 『現代文読解の根底』新塔社、1982 のちちくま学芸文庫 
  • 『夏目漱石論 漱石文学の今日的意義』明治書院 1984
  • 『日本近代作家の美意識』明治書院 1987

編著編集

  • 『世界の名詩 第7巻 佐藤春夫詩集』講談社 1969

関連項目編集

参考文献編集

  • 「高田瑞穂教授略歴・著作目録(高田瑞穂教授古稀慶賀)」成城国文学論集13、1981年

外部リンク編集