メインメニューを開く

鯖江市内の通り一覧

ウィキメディアの一覧記事
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

鯖江市内の通り一覧(さばえしないのとおりいちらん)では、以下の通りについて簡潔に記述する。

目次

うるしの里通り(うるしのさとどおり)編集

柳町交差点(国道8号交点)と河和田地区を東西に結ぶ。河和田地区が漆器で有名なことからこの名がついた。県道39号によって国道8号・鯖江IC間を結び、県道18号のバイパス的役割を果たしている。

また、県道105号も一部絡んでいる。

  • 区間:柳町 - 上河内町

元三大師通り(がんざんだいしどおり)編集

元三大師ゆかりの中道院の前を通ることから。県道18号県道25号が該当。中道院では、2月20日3月2日の両日に、すりばちやいとが行われる。

上河端町にある「第一新出踏切」の立体交差が2011年10月1日に完成。「文殊近松通り」同様、福井鉄道北陸本線の両線との平面交差が解消された。

  • 区間:小黒町 - 戸口町

嚮陽通り(きょうようどおり)編集

西山公園の別名、「嚮陽庭園」のそばを通ることが名前の由来。県道104号国道417号の一部で構成されている。

  • 区間:石生谷町 - 中野町

三里山通り(さんりやまどおり)編集

市南東部に聳える山の名から。県道194号の別名。

  • 区間:五郎丸町 - 下新庄町

青年の道(せいねんのみち)編集

市域西部を南北に貫く。県道28号の一部であるが、県道は青年の道の西側を迂回する格好である。

  • 区間:川去町 - 漆原町

泰澄通り(たいちょうどおり)編集

越前町鯖江市を結ぶ。国道417号が泰澄ゆかりの丹生山地を通ることからと思われる。県道229号(つつじ通り)に突き当たると、国道417号は「つつじ通り」と重複し、南へ向かう。

  • 区間:川去町 - 神明町

つつじ通り(つつじどおり)編集

ツツジの名所である、西山公園を通り抜けることからの別名。西山公園の切通し区間を抜ける。県道229号の鯖江市内全区間が該当。泰澄通り交点~嚮陽通り交点は、国道417号と重複。

  • 区間:鳥羽町 - 下司町

西縦貫線(にしじゅうかんせん)編集

西山公園に聳える、長泉寺山の西麓を通り、県道229号(つつじ通り:旧国道8号)のバイパスとして機能する。また、ロードサイド店も軒を連ねる。

  • 区間:鳥羽町 - 有定町

ひまわり通り(ひまわりどおり)編集

市内桜町でつつじ通りから分岐する形で南進する。途中の住吉町には「ひまわり公園」がある。

  • 区間:桜町 - 舟津町

三峯山麓通り(みつみねさんろくどおり)編集

県道18号の戸ノ口地区以北の別名。

  • 区間:上戸口町 - 戸口町

文殊近松通り(もんじゅちかまつどおり)編集

「文殊」は市北東部・片上地区にある文殊山(福井市との境にある)から、「近松」は近松門左衛門ゆかりの地・立待地区からとったもの。鯖江市北部を東西に結ぶ。県道185号県道208号を合わせたものとなっている。鯖江市内を東西に結ぶ主な通りの中で、「元三大師通り」とともに福井鉄道・北陸本線の両線とも平面交差していない。

  • 区間:石田下町 - 大正寺町

吉川橋通り(よしかわばしどおり)編集

県道189号を参照のこと。

  • 区間:西大井町 - 下河端町

歴史の道(れきしのみち)編集

旧・北国街道の鯖江市内の区間が該当。市内中心部を通り、つつじまつりの期間中、中心部の区間は歩行者天国となる。

  • 区間:鳥羽町 - 舟津町