鳥塚 亮(とりづか あきら、男性、1960年6月30日 - )は、日本の実業家。えちごトキめき鉄道株式会社社長[1]

いすみ鉄道株式会社でも2009年から2018年まで社長を務めた。有限会社パシナコーポレーションの社長と「おいしいローカル線をつくる会」の代表も務めている。

来歴・人物編集

東京都出身。明治大学商学部を卒業後、国鉄志望であったが分割民営化で新規採用がなく、学習塾職員などを経て、27歳で大韓航空に入社。30歳でブリティッシュ・エアウェイズに入社。32歳で副業として、鉄道前面展望ビデオの販売を行なう有限会社パシナコーポレーション(パシナ倶楽部)を設立。2009年、48歳で、経営立て直し中のいすみ鉄道の社長公募に123名の中から鳥塚が選ばれ、同年6月28日の株主総会と取締役会を経て同社の社長に就任した[2]

いすみ鉄道の社長就任後は、「訓練費用自己負担運転士」[3]ムーミン列車の運行などの経営活性化策を実行し、その結果、2010年8月に同鉄道の存続が決定した。存続が決定したことを受け、老朽化していたいすみ200型(レールバス)の代替を進め、新型のいすみ300型いすみ350型を導入した。その後も、キハ52形キハ28形の導入やイタリアンランチクルーズトレインの運行などを行なっている。このように就任後9年にわたり、いすみ鉄道の存続に向けた課題解決に取り組むだけに留まらず、数々の活性化を進めて観光客を増加させ、いすみ鉄道の知名度を全国区に押し上げるほどの実績を残したが、赤字の経営状況は改善することがなく2018年5月16日、同年の株主総会をもって社長を退任する予定が報道され[4]、2018年6月12日の株主総会をもって退任した[5]

2019年9月に新潟県えちごトキめき鉄道社長に就任した[6]

自身を子供の頃からの鉄道マニアと称しており、近年は鉄道趣味雑誌への露出も多い。小型航空機操縦士のライセンスを所持している。

JR北海道釧網本線無人駅である茅沼駅に自分の土地を所有し、自身で「私の駅」と宣言している[7]

著書編集

脚注編集

  1. ^ 「トキ鉄を全国区に」鳥塚亮氏が新社長に就任 記者会見で方針など述べる上越タウンジャーナル(2019年9月9日)2019年9月11日閲覧。
  2. ^ 新社長に外資系航空マン 公募のいすみ鉄道が内定”. MSN産経ニュース (2009年6月1日). 2010年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月10日閲覧。
  3. ^ 自社養成列車乗務員訓練生を募集」]”. いすみ鉄道. 2012年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月29日閲覧。
  4. ^ 〈いすみ鉄道社長退任表明〉“カリスマ”喪失危惧 地元関係者「流儀受け継ぐ」”. 『千葉日報』 (2018年5月18日). 2018年5月18日閲覧。
  5. ^ いすみ鉄道・鳥塚社長が退任 正式な後任は公募
  6. ^ えちごトキめき鉄道新社長・鳥塚亮「鉄道はどうやっても赤字。でも地域を黒字にすることはできる」 - ライフ・文化 - ニュース” (日本語). 週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト] (2019年10月25日). 2019年11月2日閲覧。
  7. ^ 釧網本線観光列車”. いすみ鉄道前社長 鳥塚亮の地域を元気にするブログ (2019年1月31日). 2019年3月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集


先代:
植田浩
いすみ鉄道社長
2009年 - 2018年
次代:
高橋渡
先代:
嶋津忠裕
えちごトキめき鉄道社長
2019年-
次代: