茅沼駅

日本の北海道川上郡標茶町にある北海道旅客鉄道の駅

茅沼駅(かやぬまえき)は、北海道川上郡標茶町字コッタロ原野北17線にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線である。駅番号B59電報略号カヌ

茅沼駅
JR Nemuro-Main-Line Kayanuma Station building.jpg
駅舎(2018年9月)
かやぬま
Kayanuma
B61 標茶 (13.9km)
(7.0km) 塘路 B58
所在地 北海道川上郡標茶町コッタロ原野北17線35-2
駅番号 B59
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 釧網本線
キロ程 134.9km(網走起点)
電報略号 カヌ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1927年昭和2年)9月15日
備考 無人駅
テンプレートを表示
観光看板(2004年2月)

概要編集

釧路湿原の東端に位置する。かつて、有人駅だった時代に駅員によって餌付けされたタンチョウが来る駅としても知られる[1]。これは1964年(昭和39年)に自然災害によりタンチョウの棲息を心配した当時の駅長が自腹で始めたもので[2]、駅長の交代時にも事務引継ぎ事項として餌やりが明記されていた[2]。餌付けは無人駅となった今も、地元町民や駅前の民宿の手によって引き継がれており、運が良ければ駅や車窓からタンチョウを、また冬にはオオハクチョウを見ることもできる。

歴史編集

 
1977年の茅沼駅と周囲約500m範囲。上が網走方面。釧路湿原の北端の駅の一つ。シラルトロ湖北部の開拓地。現在では駅を含めてこの一帯は、国立公園内の普通地域という若干の制約がある地区になっている。駅舎側の単式ホーム1面1線と副本線。駅裏釧路側に引込み線がもう一本あるはずだが、不明瞭でこの写真では判らない。後に無人化に併せ、副本線は釧路側分岐が切られて引込み線化された。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来編集

1973年(昭和48年)に国鉄北海道総局が発行した『北海道 駅名の起源』では「もともとこの地は『二つ山』といったところであるが、駅の付近一帯はカヤの群生する沼地で、駅名はこれによったものである[3]」と紹介している。

これについてアイヌ語研究者の山田秀三は「シラルトロ湖の事を茅沼としたのではなかろうか[7]」と推測している。

駅構造編集

単式ホーム1面1線の地上駅。かつては副本線(旅客ホームなし)や側線を有していた[1]

釧路駅管理の無人駅となっており、駅舎は三角屋根のログハウスとなっている[2]。改築前の駅舎は木造駅舎であった[2]

利用状況編集

  • JR北海道によると、調査日における乗車人員平均は以下のとおりである。
調査対象年間 調査対象日 年間の各調査日における
平均乗車人員および乗降人員
(単位:人)
出典
乗車人員 乗降人員
2011 - 2015年(平成23 - 27年) 11月の調査日   10名以下 [8]
2012 - 2016年(平成24 - 28年) 特定の平日の調査日 2.2   [9]
2013 - 2017年(平成25 - 29年) 特定の平日の調査日 2.0   [10]
2014 - 2018年(平成26 - 30年) 特定の平日の調査日 2.8   [11]
11月の調査日   3名以下 [12]
  • 「標茶町統計書」によると、年間乗車人員の推移は以下のとおりである。
年度 乗車人員 出典
1975年(昭和50年) 2,914 [13]
1976年(昭和51年) 3,189
1981年(昭和56年) 3,285 [13]
1982年(昭和57年) 2,920
1983年(昭和58年) 2,555
1984年(昭和59年) 2,920
1985年(昭和60年) 2,920
1986年(昭和61年) 3,285
1987年(昭和62年) 3,650
1988年(昭和63年) 2,928
1989年(平成元年) 2,555
1990年(平成02年) 2,555
1991年(平成03年) 2,038
1992年(平成04年) 1,953
1993年(平成05年) 2,047
1994年(平成06年) 1,825
1995年(平成07年) 1,830

駅周辺編集

ラムサール条約登録湿地 釧路湿原のエリア内の駅。

隣の駅編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)
釧網本線
快速「しれとこ摩周号」・普通
標茶駅 (B61) - *五十石駅 (B60) - 茅沼駅 (B59) - 塘路駅 (B58)
*打消線は廃駅

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『北海道 釧網本線』 p. 85
  2. ^ a b c d e 書籍『消えた駅舎 消える駅舎』(著:松尾定行、東京堂出版2012年4月発行)36-37ページより。
  3. ^ a b 『北海道 駅名の起源』日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、161頁。
  4. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 85
  5. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 104
  6. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 117
  7. ^ 山田秀三 (2018-11-30). 北海道の地名. アイヌ語地名の研究 別巻 (2 ed.). 浦安市: 草風館. p. 271. ISBN 978-4-88323-114-0 
  8. ^ “平成28年度事業運営の最重点事項” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年3月28日), p. 6, オリジナルの2020年2月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200204155506/https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160328-1.pdf 2020年2月5日閲覧。 
  9. ^ 釧網線(東釧路・網走間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナルの2017年12月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171209102545/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/08.pdf 2017年12月10日閲覧。 
  10. ^ 釧網線(東釧路・網走間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために) (北海道旅客鉄道株式会社): p. 3, (2018年7月2日), オリジナルの2018年8月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180818153329/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/senku/08.pdf 2018年8月19日閲覧。 
  11. ^ 釧網線(東釧路・網走間) (PDF)”. 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  12. ^ 駅別乗車人員 (PDF)”. 全線区のご利用状況(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. 2020年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月20日閲覧。
  13. ^ a b Ⅴ. 建設・運輸・水道 (PDF)”. 標茶町統計書(2016年版). 標茶町. p. 54 (2016年). 2018年2月18日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集