鳥居川

鳥居川(とりいがわ)は、信濃川水系支流の一級河川である。

鳥居川
鳥居川上流.jpg
鳥居川上流部長野県長野市信濃町境大橋付近
水系 一級水系 信濃川
種別 一級河川
延長 34.8 km
平均流量 -- /s
流域面積 -- km²
水源 戸隠山長野県長野市
水源の標高 -- m
河口・合流先 千曲川(信濃川)
流域 長野県
テンプレートを表示
鳥居川下流。長野市豊野町浅野付近

長野市戸隠地籍越水ヶ原を水源に、いくつかの川や沢の水を集め、長野市上水内郡信濃町の境付近から鳥居川の呼称で呼ばれるようになる。戸隠奥社の鳥居のそばを流れ下るので、この名前が付いたといわれている。その後、飯綱町八蛇川などと合流し、再び長野市に入り、豊野町地籍を流れ千曲川合流する。

目次

地形編集

上流部では典型的なV字谷を形成し、中流域では河岸段丘を形成している。これは飯綱町付近で観察される。下流部では長野市豊野町大倉地籍付近から扇状地を形成し、千曲川と合流する。

水質編集

上流部では、環境省が定める生活環境の保全に関する環境基準で、A類型に属している。中流域からは、生活排水の流入のある場所もあるが、流域における下水道の整備が進んでおり、今後水質の改善が進んでいくものと思われる。

利水編集

川岸に沿って水田地帯が広がり、その用水の水源に鳥居川から取水している。その他飲用水や、発電用用水としても利用されている。

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集