鴉鷺合戦物語』(あろかっせんものがたり)は、 御伽草子・疑似軍記物[1]。巻数は2巻とも3巻とも言われており、著者は一条兼良説がある[2]が未詳である。『鴉鷺物語』、『鴉鷺記』とも。内容から成立は、応仁の乱の前後(15世紀末前後)とみられる[3]

あらすじ編集

京都祇園の林のカラスの東市佐林真玄が、中賀茂の森のサギの山城守津守正素の娘に恋をし、その夫になろうと望むが却って辱めを受け、立腹のあまり、同志を集めて激戦になるが、カラスの東市佐林真玄側が敗北を喫する。

カラスの東市佐林真玄は遂に高野山に登って出家する。

サギの山城守津守正素も感じるところがあって出家して高野山に登り、カラスの東市佐林真玄は烏阿弥陀仏、サギの山城守津守正素は鷺阿弥陀仏と名乗ってともに仏道修行に精進するという。

脚注編集

  1. ^ 『広辞苑』 岩波書店一部参考。
  2. ^ 『室町物語集』 新日本古典文学大系 岩波書店より。また、当著では三巻説を取る。
  3. ^ 同『室町物語集』より。

参考文献編集

  • 『室町物語集』 新日本古典文学大系 岩波書店内収録

関連項目編集