メインメニューを開く

鴨下神社(かもしもじんじゃ)は、伊勢神宮皇大神宮(内宮)の末社祭神の3柱のは、地域水の神である[1][2]

鴨下神社
鴨下神社
所在地 三重県度会郡玉城町勝田上ノ山3642
位置 北緯34度28分44.8秒
東経136度37分16.3秒
座標: 北緯34度28分44.8秒 東経136度37分16.3秒
主祭神 石己呂和居命
鴨比古命
鴨比賣命
社格 式外社
皇大神宮末社
創建 延暦23年(804年)以前
本殿の様式 神明造
主な神事 神嘗祭
地図
鴨下神社の位置(三重県内)
鴨下神社
鴨下神社
テンプレートを表示

目次

概要編集

三重県度会郡玉城町勝田に鎮座する[1]。玉城町にある13の内宮摂末社のうちの1社である。内宮の末社16社のうち、第1位である[3]。鴨下神社から2.5km離れた所には内宮摂社の鴨神社(かもじんじゃ)があり、祭神が一致することや、同じ城田郷に鎮座することなど関連がある[4]

社名の「鴨」は従来、旧地名であると考えられていたが、斎宮遺跡の発掘の進展により、水司の鴨氏との関連が指摘されるようになった[5]。社名の「下」は鴨神社が山の中腹にあるのに対して山麓にあることに由来する[1]

社地の面積は3反9畝14歩(約3,914m2[6]で、周囲をブドウ畑に囲まれている[1][2]社殿神明造板葺で一重の玉垣に囲まれている。賽銭箱は置かれていない。

祭神編集

祭神は、石己呂和居命(いしころわけのみこと)、鴨比古命(かもひこのみこと)、鴨比賣命(かもひめのみこと)[1][2]。3柱とも鎮座地・勝田の水利灌漑守護神とされる[1][2]。石己呂和居命は大水上命(おおみなかみのみこと)の子で、鴨神社の祭神と同じである[4]。鴨比古命・鴨比賣命は鴨に両性を表す普通名詞を付けた神名である[4]

歴史編集

延喜式神名帳』に記載されていない、いわゆる式外社である[5]。少なくとも伊勢神宮の末社の定義より『皇大神宮儀式帳』成立、すなわち延暦23年(804年)以前から存在した[7]ことになる。鴨神社と同じく、皇大神宮に準じて20年に1度社殿を建て替える式年遷宮が造宮使によって行われることが規定されていた[5]。鴨下神社は古代、「田社」に分類されていたが、田社でこうした扱いを受けていたのは鴨下神社のみである[5]

しかし戦国時代の動乱の中で建て替えがままならず、荒れるに任せる状態となった[8]1874年(明治7年)、宇治山田神社津布良神社大津神社とともに社殿が再興された[9]

交通編集

公共交通
JR参宮線田丸駅より南西へ徒歩約24分(約2.0km)。
自家用車
伊勢自動車道玉城ICより三重県道65号度会玉城線サニーロード)を北上、約3分(約1.3km)。付近に駐車場はない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 伊勢文化舎 編(2008):59ページ
  2. ^ a b c d 学研パブリッシング(2013):68ページ
  3. ^ 宇治山田市役所 編(1929):13 - 14ページ
  4. ^ a b c 式内社研究会 編(1990):200ページ
  5. ^ a b c d 式内社研究会 編(1990):199ページ
  6. ^ 宇治山田市役所 編(1929):13ページ
  7. ^ 伊勢文化舎(2008):22ページ
  8. ^ 金子(1983):61ページ
  9. ^ 櫻井(1991):280 - 281ページ

参考文献編集

  • 伊勢文化舎 編『お伊勢さん125社めぐり』別冊『伊勢人』、伊勢文化舎、平成20年12月23日、151p. ISBN 978-4-900759-37-4
  • 宇治山田市役所 編『宇治山田市史 上巻』宇治山田市役所、昭和4年1月20日、862p.
  • 学研パブリッシング『伊勢神宮に行こう』Gakken Mook神社紀行セレクションvol.1、薗田稔監修、学研マーケティング、2013年7月4日、82p. ISBN 978-4-05-610047-1
  • 金子延夫『玉城町史 第1巻―南伊勢の歴史と伝承―』三重県郷土資料叢書第61集、三重県郷土史料刊行会、昭和58年8月10日、276p.
  • 櫻井勝之進『伊勢神宮の祖型と展開』国書刊行会、平成3年11月30日、318p. ISBN 4-336-03296-3
  • 式内社研究会 編『式内社調査報告 第六巻 東海道1』皇學館大学出版部、平成2年2月28日、690p. ISBN 4-87644-080-8

関連項目編集

外部リンク編集

画像外部リンク
  鴨下神社