メインメニューを開く
鶴見朝鮮初級学校

鶴見朝鮮初級学校(つるみちょうせんしょきゅうがっこう)は、学校法人神奈川朝鮮学園が運営する神奈川県横浜市鶴見区にある朝鮮学校である。

日本の幼稚園小学校に相当する教育を行っている各種学校(非一条校)である。

沿革編集

  • 1935年 鶴見区で夜間朝鮮語講習が実施されるようになる。
  • 1946年 横浜市立下野谷小学校の校舎を借りて鶴見朝鮮学院が設立される。この際に、衆議院議員門司亮が保証人として土地取得に協力した[1]
  • 1949年 朝鮮学校閉鎖令が発令されて、横浜市立下野谷小学校分校に改称。
  • 1953年 付属幼稚園が日本国内に1番早く設置される。
  • 1965年 学校法人の認可を受けて、神奈川朝鮮学園鶴見朝鮮初級学校となる。
  • 2005年(?)に初級部が廃止。
  • 2006年に横浜朝鮮初級学校の附属幼稚園が統合される。 そして横浜市唯一の朝鮮幼稚園となる。

学科編集

  • 幼稚班

所在地編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「神奈川のなかの朝鮮」P160明石書店

関連項目編集

外部リンク編集