メインメニューを開く
鹿伝霖

鹿 伝霖(ろく でんりん、Lu Yunlin1836年 - 1910年)、字は滋軒末の官僚。

直隷省定興出身。父の鹿丕宗貴州省都匀の知府だったが、1855年柳天成率いる苗民の蜂起軍の包囲を受けていた。鹿伝霖は兵を集めて救援に駆け付け、10ヶ月間持ちこたえたが、ついに陥落して鹿丕宗は戦死した。鹿伝霖は雲貴総督に父の死を報告して、都匀奪回作戦に参加し、両親の遺骸を埋葬した。時に20歳で、このことにより彼の名は知られることになった。

挙人のときに欽差大臣勝保(シェンバオ)の軍に従って捻軍と戦い、同知となった。1862年進士となり、庶吉士に選ばれた。後に広西省の知県となったが匪賊の討伐で、桂林知府に昇進した。1878年、廉州知府に異動となった。このとき、清の副将の李揚才が謀反を起こしてベトナムで挙兵したが、鹿伝霖はこれを鎮圧して、恵潮嘉道に昇進した。その後、福建按察使、四川按察使、四川布政使と昇進していった。

1883年に河南巡撫となり、1885年に陝西巡撫に異動した。いったん病で退くが、1889年に陝西巡撫に復帰し、日清戦争の際には西安将軍も兼ねて兵を派遣した。1895年四川総督となった。1898年、広東巡撫となり、さらに江蘇巡撫に異動となった。

1900年義和団の乱が発生すると、兵を集めて西安へ逃走する西太后光緒帝を護衛した。この功で両広総督となり、さらに軍機大臣に転任した。さらに左都御史、戸部尚書となった。朝廷が北京に戻った後は、督弁政務大臣も兼ね、1905年に吏部尚書に遷った。

1908年宣統帝が立つと、鹿伝霖は摂政王の醇親王載灃とともに西太后の遺詔を受け、太子少保、さらに太子太保となり、体仁閣大学士東閣大学士を歴任した。死後、文端の諡号を贈られた。

出典編集

先代:
李鶴年
河南巡撫
1883-1885
次代:
辺宝泉
先代:
辺宝泉
陝西巡撫
1885-1886
次代:
葉伯英
先代:
張煦
陝西巡撫
1889-1895
次代:
奎俊(クイジュン)
先代:
劉秉璋
四川総督
1895-1897
次代:
李秉衡
先代:
許振禕
広東巡撫
1898-1899
次代:
徳寿(デシェオ)
先代:
徳寿(デシェオ)
江蘇巡撫
1899-1900
次代:
松寿(スンシェオ)
先代:
呉廷芬
都察院漢左都御史
1900
次代:
瞿鴻禨
先代:
廖寿恒
礼部漢尚書
1900
次代:
孫家鼐
先代:
王文韶
戸部漢尚書
1900-1904
次代:
趙爾巽
先代:
葛宝華
工部漢尚書
1904-1905
次代:
陸潤庠
先代:
張百熙
吏部漢尚書
1905-1907
次代:
陸潤庠