衆議院法務委員会で鹿地事件に関する証言に臨む鹿地亘(1952年12月10日)

鹿地事件(かじじけん)は、小説家の鹿地亘1951年から1952年にかけてGHQを構成する一角であったアメリカキャノン機関に拉致監禁されていた事件。鹿地亘事件ともいう。

目次

概要編集

拉致編集

 
誘拐現場(江ノ島電鉄鵠沼駅から藤沢方面およそ200メートルの場所)
 
鹿地が監禁されていた場所の一つ

1951年11月25日午後7時頃、鹿地が藤沢市鵠沼の自宅付近を散歩中、軍用車から降りてきた数人のアメリカ軍人に突然殴り倒されて車で拉致され、当時キャノン機関が接収して使用していた東京湯島旧岩崎邸などに監禁された。監禁場所は藤沢や沖縄のアメリカ軍施設など点々と変えられた。

監禁中、ソ連スパイではないかと疑われて執拗な尋問を受け、さらにアメリカ側の二重スパイになることを強要された。鹿地は戦時中、中華民国重慶において蒋介石保護下で結成した日本人民反戦同盟に拠って日本軍兵士捕虜に対する反戦プロパガンダ活動などに従事していた(軍事委員会政治部)他、中国共産党とも近い関係にあった。その関係で当時からソ連やアメリカの諜報機関との接触があったと言われている。なお鹿地は監禁中、2回の自殺を図ったがいずれも失敗した。

解放編集

翌1952年に、不憫に思った監視役の日本人青年が鹿地の家族に連絡し、同年11月12日に家族は鹿地の捜索願を出している。同年12月6日には、家族の依頼を受けた左派社会党猪俣浩三代議士などが解放に向けて尽力し、それが報道されるに至ると、鹿地は12月8日神宮外苑において解放され帰宅した。

国会証人喚問編集

山田善二郎[1]により公となった事件は衆議院法務委員会で取り上げられ、鹿地は解放直後の1952年12月10日証人喚問されて事件について証言をした。「重慶の時[2]のように、アメリカに協力するように強要された」と証言していることから、「アメリカと疎遠になってソ連に接近した鹿地を再び協力者にする目的で拉致された」という見方もある。1963年、鹿地は事件の詳細を記したとする著書『謀略の告発』(新日本出版社)を発表した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ キャノン機関でハウスボーイとして働いていた。1999年現在、日本国民救援会会長。春名幹男『秘密のファイル : CIAの対日工作』 上巻 共同通信社 2000年 pp.324-328.
  2. ^ 1944年初めから、鹿地とその妻(池田幸子)は重慶でアメリカ当局と緊密に協力した。重慶、昆明の中国戦域で日本人捕虜を再教育する集中的な計画を実施するために、彼は米戦時情報局の顧問となり、後にOffice of Strategic Services(OSS、戦略諜報局)に雇われた」 GHQ防諜部隊CICの鹿地ファイル 1947年6月16日付 米国立公文書館所蔵 - 訳文は前掲書『秘密のファイル』 p.329.
    OSSはジャパン・ロビーの影響下にあった。

関連項目編集