メインメニューを開く

鹿屋海軍航空隊(かのやかいぐんこうくうたい)、および第七五一海軍航空隊は、日本海軍の航空部隊の一つ。戦闘機陸上攻撃機部隊として、日中戦争太平洋戦争で攻撃任務に従事した。1942年(昭和17年)10月1日に戦闘機部隊を分離し、第七五一海軍航空隊に改称された。戦力消耗につき1944年(昭和19年)7月10日に解隊された。

鹿屋海軍航空隊
第七五一海軍航空隊
Kanoya Navy Air Service.jpg
航空隊本部。2015年まで第1航空群司令部の建物としても使用された。
創設 1936年(昭和11年)4月1日
再編成 1942年(昭和17年)10月1日
廃止 1944年(昭和19年)7月10日
所属政体 大日本帝国
所属組織 大日本帝国海軍
兵科 航空隊
兵種/任務/特性 陸攻・(戦闘)
編成地 鹿屋基地
上級単位 佐世保鎮守府
最終上級単位 第一航空艦隊 第二六航空戦隊
最終位置 マリアナ諸島
テンプレートを表示

なお1942年(昭和17年)10月1日から1944年(昭和19年)7月10日まで、飛行練成部隊として二代目の鹿屋海軍航空隊が存在した。

目次

鹿屋海軍航空隊 (初代)編集

1936年(昭和11年)4月1日鹿児島県鹿屋基地において開隊。1937年(昭和12年)7月7日盧溝橋事件が発生し日中戦争が始まる。7月11日木更津海軍航空隊とともに第一連合航空隊を編成、8月12日には台湾に前進し華中方面を爆撃(渡洋爆撃)。12月4日には、海南島三亜及びサイゴンに進出して、華南方面への爆撃に従事した。さらに戦火の拡大にともない、上海漢口に進出、以降1941年(昭和16年)まで中国各地に対する爆撃が続けられた。

1941年(昭和16年)12月8日太平洋戦争開戦。開戦当初は連合艦隊第十一航空艦隊第二一航空戦隊所属で、主に搭乗員の練成に当たっていた。開戦直前に陸攻隊の半数(3個分隊)が仏印に派遣され、二二航戦の指揮下に入った。この派遣隊はマレー沖海戦に参加した。

1942年(昭和17年)9月、カビエンラバウルに進出、以後ソロモン東部ニューギニア戦線での活動に当たった。

司令編集

  • 石井芸江 大佐:1936年4月1日[1] - 1937年11月15日[2]
  • 酒巻宗孝 大佐:1937年11月15日 - 1938年12月15日
  • 大林末雄 大佐:1938年12月15日 - 1940年10月15日
  • 藤吉直四郎 大佐:1940年10月15日[3] -
  • 近藤勝治 大佐:1942年4月1日 - 1942年9月27日
  • 小田原俊彦 大佐:1942年9月27日 - 1942年10月1日

第七五一海軍航空隊編集

1942年(昭和17年)10月1日、海軍の航空隊再編にともない第七五一海軍航空隊に改称された。11月1日には戦闘機隊を第二五三海軍航空隊として分離し、陸攻専門部隊となった。

ラバウルでの消耗が激しく1943年(昭和18年)4月、一時テニアン島に後退し補充練成を行った後、9月ラバウル・ブインに再進出した。

消耗激しく、再びテニアン島に戻り戦力回復を図る。しかし、再建中の1944年(昭和19年)2月、米機動部隊のマリアナ諸島空襲を迎え実動15機中11機を失う。6月あ号作戦により全機損失、7月10日解隊した。

司令編集

鹿屋海軍航空隊 (二代)編集

1942年(昭和17年)10月1日艦上攻撃機艦上爆撃機要員の飛行練成部隊として、鹿屋基地に二代目鹿屋海軍航空隊が開隊した。1944年(昭和19年)2月からは陸上攻撃機要員の練成に変更された。戦況の悪化にともない空襲の危険が高まった事、及び鹿屋基地を実戦部隊に明け渡すため、機能を豊橋海軍航空隊に移し、7月10日解隊した。

建物編集

 
第1航空群・旧司令部庁舎(2010年代に撮影)

航空隊本部の庁舎は海上自衛隊に引き継がれ、2015年まで第1航空群の司令部庁舎として利用されていた。

脚注編集

参考文献編集

  • 『日本海軍編制事典』(芙蓉書房出版 2003年)
  • 『航空隊戦史』(新人物往来社 2001年)

関連項目編集