鹿島 萩麿(かしま はぎまろ、1906年明治39年)4月21日 - 1932年昭和7年)8月26日)は、日本の元皇族華族山階宮菊麿王第四王子。母は菊麿王妃常子日本海軍軍人、最終階級は海軍大尉。旧名:萩麿王

萩麿王
鹿島萩麿
Kashima Hagimaro.jpg

身位 皇族)→ 伯爵華族
敬称 殿下 → 閣下
出生 1906年4月21日
日本の旗 日本東京府東京市
死去 (1932-08-26) 1932年8月26日(26歳没)
子女 鹿島晃久(養子)
父親 山階宮菊麿王
母親 菊麿王妃常子
テンプレートを表示

生涯編集

学習院中等科海軍兵学校予科を経て、1926年(大正15年)3月、海軍兵学校(海兵54期)を卒業。翌年10月海軍少尉に任官し、戦艦「伊勢」乗組となる。1928年(昭和3年)7月、願により臣籍降下が認められ、鹿島の家名を賜り伯爵に叙せられる。同月戦艦「榛名」乗組となり、以後横須賀鎮守府付、海軍大学校服務(戦史研究)などを経て、1929年(昭和4年)11月、海軍中尉に進級。海大選科学生として学び、横須賀航空隊付を経て、1932年(昭和7年)3月に待命となった。同年8月に死去、海軍大尉に没時進級した。

血縁編集

著書編集

文献編集

  • 中島隆吉編『伯爵鹿島萩麿』非売品、1937年。

外部リンク編集

日本の爵位
先代:
創設
伯爵
鹿島家初代
1928年 - 1932年
次代:
鹿島晃久