山階宮菊麿王妃常子(やましなのみやきくまろおうひ ひさこ、1874年明治7年)2月7日 - 1938年昭和13年)2月26日)は、日本皇族島津忠義公爵令嬢。山階宮菊麿王の後妃。

山階宮菊麿王妃 常子
HIH Yamashina Hisako.jpg

身位 王妃
敬称 殿下
出生 (1874-02-07) 1874年2月7日
日本の旗 日本薩摩国
死去 (1938-02-26) 1938年2月26日(64歳没)
日本の旗 日本東京府東京市麹町区
(現:東京都千代田区富士見町)山階宮邸
配偶者 山階宮菊麿王
子女 藤麿王
萩麿王
茂麿王
父親 島津忠義
テンプレートを表示

略歴編集

1874年(明治7年)、旧薩摩藩主、公爵・島津忠義の四女として生まれる。香淳皇后は姪にあたる。山階宮菊麿王と結婚する(菊麿王は再婚)。語学英語)、歌道音楽の才に恵まれていたという。菊麿王との間には藤麿王萩麿王茂麿王の3男がいる。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第5821号「叙任及辞令」、明治35年11月27日
  2. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」、明治41年9月28日
  3. ^ 『官報』第378号「叙任及辞令」、大正2年11月1日

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、菊麿王妃常子に関するカテゴリがあります。