メインメニューを開く

黎中宗(れいちゅうそう、ベトナム語: Lê Trung Tông)は、後黎朝大越の第14代皇帝(在位:1548年 - 1556年)。名は黎 暄(れい けん、ベトナム語: Lê Huyên)。

中宗 黎暄
後黎朝
第14代皇帝
王朝 後黎朝
在位期間 1548年 - 1556年
姓・諱 黎暄
諡号 武皇帝
廟号 中宗
生年 元和3年(1535年
没年 順平8年1月24日
1556年3月5日
荘宗
陵墓 景陵
元号 順平 : 1549年1556年

生涯編集

荘宗の長男。父帝の死後即位したが、実権は依然として太師諒国公鄭検の手中にあった。

順平8年(1556年)に22歳で死去した。太祖黎利の系統が絶えたため、鄭検は太祖の兄藍国公黎除の5世の孫である黎維邦を擁立して即位させた(英宗)。

外部リンク編集