メインメニューを開く

黎利(れい り、レ・ロイ、ベトナム語: Lê Lợi1385年9月10日昌符9年8月6日) - 1433年9月5日順天6年8月22日))は、ベトナム後黎朝大越国の初代皇帝(在位: 1428年 - 1433年)。太祖(タイト、ベトナム語: Thái Tổ)の廟号でも知られる。諡号は高皇帝。

黎利
黎朝
初代皇帝
Le Loi statue.JPG
ベトナムの黎利像
国号 大越
王朝 黎朝
在位期間 1428年 - 1433年
都城 昇龍(現ハノイ
姓・諱 黎利
尊号 順天承運睿文英武大王
諡号 統天啓運聖徳神功睿文英武寛明勇智弘義至明大孝高皇帝
廟号 太祖(タイト)
別号 藍山洞主、権署安南国事
生年 1385年9月10日
没年 1433年9月5日
黎曠
鄭氏蒼
后妃 恭慈高皇后
陵墓 永陵
元号 順天

もとベトナム中部タインホアのラムソン(藍山)の豪族であった。1406年永楽帝によるベトナム侵攻(en:Ming–Hồ War)とその後の支配(en:Fourth Chinese domination of Vietnam)に抵抗。1416年、のち重臣となるグエン・チャイ(阮廌)らとともに、ラムソンで挙兵に及ぶ(藍山起義)。1418年にはビンディン・ヴオン(平定王)と称する。以後、10年に及ぶ明への抵抗運動を続け、明をベトナムから撤退させることに成功。1428年、正式に明から独立し、ドンドー(東都、現ハノイ)で帝位に就き、黎朝を創始、国号を「大越」とした。宰相グエン・チャイらの補佐のもと、国家制度の整備を行い、均田制科挙制なども導入、諸法典の整備に取り組んだ。また、明との関係修復を図ったものの、名目上陳氏の末裔として担いだ陳暠を殺害したことや、「反乱軍の首魁」を冊封することへの抵抗感などから生じた反対論が明宮廷で大勢を占めたため、「権署安南国事」への任命に留まり、在世中は安南国王に封ぜられることはなかった。1433年に死去。子の黎元龍が継ぎ太宗となる。

逸話編集

タンキエムと呼ばれる魔剣に関する伝説が残る。 魔剣タンキエムは湖に住む精霊から授けられた剣で、これを抜き放つと不思議な力により敵軍は戦意を失い、恐慌をきたして逃げ去ったという。 黎利はこの剣を振るいとの戦争を勝ち抜いて後黎朝大越国を建国した。 戦後この剣は精霊の使いである亀に託され、湖へと返還された。 その湖はホアンキエム(還剣)湖と呼ぶようになった。

参考文献編集

先代:
後黎朝皇帝
初代:1428年 - 1433年
次代:
太宗