黒帯(くろおび)とは、武道柔道空手道合気道少林寺拳法など)で初段以上の有段者が締める。ただしを穿く武道の場合は締めないこともある。

柔道における黒帯のイラスト
空手における黒帯(写真は少林寺流空手道錬心舘の黒帯)

由来編集

柔道の創始者である嘉納治五郎が、白色の道着に映える色としてコントラストが対極で目立つ黒を有段者を表す色として採用したのが始まりである。インターネットでは黒帯のルーツとして、道着の帯が年季を経るごとに色合いが変わっていき、最終的には黒ずんできて初心者・初級者とは明らかに違う色になってくるという説がよく知られているが、これは誤りである[1]

色帯編集

黒(茶)帯よりも低い級位に関しても様々な色の帯が、各武道によって様々に設定されている。それは修行者にとって自分のたどりついている位置を確認する手段であり、自分を錬磨するモチベーションを高めるものともなっている。

どの場合でも、白帯が入門レベルの帯となっているのは共通で、また「色帯」という言葉は黒・白以外の色に限って使うのが一般的である。

その他編集

  • 柔道の場合、黒帯以上の階梯(六段以上)を示すものとして紅白帯赤帯などがある。
  • ブラジリアン柔術の場合、級や段が無いので、試合上としては最高位の実力であることを示す(ただし、柔道と同様に階梯にはその上に紅白帯や赤帯などがある)。
  • 「黒帯を取ると、警察に登録される」「段位を取得すると、裁判時に素手でも凶器を所持していたとみなされる」(漫画『ホーリーランド』で同等の記述がある)という都市伝説が存在するが、これは事実ではない。

脚注編集

  1. ^ NHK チコちゃんに叱られる!(総合チャンネル 2021年2月12日放送)

関連項目編集