チコちゃんに叱られる!

日本のNHKのテレビバラエティ番組

チコちゃんに叱られる![注釈 1]』(チコちゃんにしかられる、英語: Chico Will Scold You![1])は、2018年4月13日(レギュラー放送)からNHK総合テレビジョンで放送されているバラエティ番組

チコちゃんに叱られる!
Don’t sleep through life!
ジャンル バラエティ番組
構成 海老克哉
演出 河井二郎ほか
出演者 チコちゃん(木村祐一
岡村隆史
塚原愛ほか
ナレーター 森田美由紀
オープニングカリキュラマシーンのテーマ』(作曲:宮川泰 / スキャット:西六郷少年少女合唱団
エンディング叱られたい!』(チコ村民生と江戸川オールスターズ) (作詞・作曲・編曲:奥田民生
製作
製作総指揮 水高満、西ヶ谷力哉
プロデューサー 小松純也、中島由布子ほか
制作 NHK
放送
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
特番時代
放送期間当該項目参照
放送時間当該項目参照
放送分30 / 45分
回数3
レギュラー放送(本放送)
放送期間2018年4月13日 -
放送時間金曜 19:57 - 20:42
放送分45分
レギュラー放送(再放送)
放送期間2018年4月14日 -
放送時間土曜 8:15 - 9:00
放送分45分

特記事項:
レギュラー放送は土曜日の放送が本放送となる地域あり。
関東地方などでも特別番組によって金曜日の放送を見合わせ、土曜日の放送が初回となる場合がある。
テンプレートを表示

概要編集

「好奇心旺盛でなんでも知っている5歳」という設定の着ぐるみの少女・チコちゃんが、岡村隆史ナインティナイン)をはじめとする大人の解答者たちに、素朴かつ当たり前過ぎてかえって答えられないような疑問を投げ掛ける、クイズ形式のバラエティ番組。2017年3月以降の3回の単発放送を経て、2018年4月13日からレギュラー放送が開始された。

解答者が答えに詰まると、CGによって突然真っ赤になり巨大化した顔で、「ボーっと生きてんじゃねーよ![注釈 2]の決めゼリフと共に叱って答えを明かし、専門家に取材をした解説VTRを流して答えを掘り下げる、という構成で進められる[3][4]。逆に解答者が正解した場合には「つまんねーヤツだな〜[5]」と拗ねてしまい[6]、その場で漢字の書き取り問題を出題(回によっては省略されることもある)、この問題の不正解者に対して「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱ってから解説VTRに入る。

以上の進行形態からクイズ番組的要素もあるが、多くの疑問では番組内で示される答えが「いくつかある説の一つを紹介」するものであり、そのことについては最後に「諸説あります」という注釈が加えられ、必ずしも番組として正解を求めているわけではないことが暗示されている[7][注釈 3]。タイトルロゴに描かれた「Don’t sleep through life!」は「ボーっと生きてんじゃねーよ!」の意訳[注釈 4]であり、英語での正式タイトルとは異なる[1]。岡村にとっては、これがはじめてのNHKでのレギュラー番組である[9]

かつてフジテレビで「笑う犬」シリーズなど数々のバラエティ番組を手がけ、共同テレビジョン(共テレ、フジテレビの関連会社)に出向中だった小松純也が企画し、当番組のプロデューサーを務める。ただし、番組そのものはNHKエンタープライズ(NEP)の単独制作名義となっており、これに共同テレビ[注釈 5]や、同社の子会社であるベイシスなど複数の番組製作会社が制作に関わる。

番組の最後に視聴者からのお便り[注釈 6]を紹介するコーナー「ひだまりの縁側で…」が挿入される。また、2020年度後期は番組中盤に「私は流されない 唯我独尊ゲーム」が設けられていた。放送時間を拡大したスペシャル版では、ゲストがチコちゃんと狭い部屋で一対一で向き合い、チコちゃんからの質問に答えるコーナー「チコの部屋」が挿入される[12]このほか、チコちゃんの顔を全く映さないうえで、薄暗いスタジオの隅で岡村とトークする「働き方改革のコーナー」も放送されている。2020年度までは不定期での放送だったが、2021年度からは「唯我独尊ゲーム」を廃止した代わりにゲストから1人を交えて3人でトークするコーナーとして毎週放送されるようになった。

放送時間は、本放送が毎週金曜19:57 - 20:42で、再放送が土曜(本放送の翌日)8:15 - 9:00だが、本放送時間帯(金曜夜)は各地域放送局(首都圏を含む)独自番組が放送される場合があることや特設ニュース(報道特別番組)により放送自体が休止になる場合もあるため、土曜日の放送が本放送になる週や地域もある[注釈 7][3][13][14]。そのほか、毎週のレギュラー放送とは別に、過去の放送から質問1問分を抜粋し10分に再編集したミニ番組「チコちゃんに叱られる!チコっとだけスペシャル」も不定期に放送されている[15]

2020年3月6日放送回からはネット常時同時・見逃し配信サービスのNHKプラスにて視聴可能になった[16][注釈 8]在京民放テレビ局5社が共同運営している動画配信サービスTVerでもミニ番組「チコっとだけスペシャル」の配信を行っている[18]

設定・制作編集

プロデューサーの小松がNHKチーフプロデューサー (CP) の水高満と飲んでいたときに、小松が「5歳児の女の子にクイズを出され、知らないと『ボーッと生きてんじゃねえよ!』としかられる番組をやりたい」と話したことが番組誕生のきっかけである[19][20]。小松によると、この番組の企画はかつて1996年に自分が企画して『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)で放送された、正解して当たり前というクイズを出題していた『君たちは漫然と生きていないか?』コーナーを意識したものであったという[21][22]。また、チコちゃんのキャラクターの原点は、これも小松が演出・プロデューサーを務めていた『平成日本のよふけ』(フジテレビ)に登場した『赤さん』である(赤さんの声は、チコちゃんと同じ木村祐一。ただし、ボイスチェンジャーがチコちゃんよりも低めのトーンに調整されていたり、着ぐるみではなくパペットという違いがある)[21]

チコちゃんには「一昔前にいた、ちょっとこまっしゃくれたおませな女の子」という設定を与えているため、チコちゃんの衣装や髪型に昭和のイメージを与えているといい[19]、番組セットにもレトログッズをちりばめている。チコちゃんを「5歳児」に設定したのは、5歳ぐらいが「ヘンな言葉覚えて大人をしかったとしてもイラッとこない感じとか、背伸びしてもかわいい感じ」「まだ社会生活や規律に染まっていない」点にあるという[19][23]。プロデューサーの小松曰く、名前だけは可愛くしたいということで、小松の親友の妻のニックネームから「チコ」と言う名前を採っている[22]

チコちゃんの顔はCGで無限に変化できる[19][24]が、これは映像や着ぐるみ、CG合成などの案があったなかで、NHKアートの技術担当者やNHK放送技術研究所にも相談して、通常のバラエティでどこまでできるのかを試した結果だという[25]。実際の収録現場での様子は秘匿されている部分も多いが、水高CPの説明によると、スタジオでの収録時には着ぐるみのチコちゃんがいて、ボイスチェンジャーで変換させた木村祐一の声を同時収録であてており、チコちゃんの顔(表情)は収録後にCGで組み替え(メイク)しているとのこと[26]。チコちゃんの顔(表情)の組み替えのため、収録時にチコちゃんを複数のカメラで同時収録し、放映時に頭部を3DCGのモデル(着ぐるみの頭部を精緻に3Dスキャンしたもの)に差し替えている[27]が、実際は他の出演者が手前に被った際のマスク処理や、鏡や主演者のサングラス、現場の映像確認用モニターなどにチコちゃんが映り込んだ場合の処理など多くの手間のかかる作業を要する[28]。この様な事情から収録からオンエアまでに約2か月程度を要するため、2020年に岡村の結婚が報じられた際は、このタイムラグにより当分番組内で岡村の独身弄りネタが続く事を説明している[29]

チコちゃんの声に木村を起用した意図について、水高CPは木村のアドリブ力の高さ[注釈 9]と(チコちゃんの見た目との)ギャップの激しさを挙げている[19][20][25]。木村自身は女の子を演じることについて「いろんな人に聞いてください、板尾(創路)さんとかYOUとかに。『キム兄は女子だよね』って言いますから」「女子会に参加できるタイプなんです」などと、元々女子的なキャラクターを持ち合わせていることを述べている[30]

森田美由紀NHKアナウンサー)が担当する解説VTRのナレーションは、「今こそ全ての日本国民に問います」「そんなことも知らずに、やれ○○だとか、○○などと言っている日本人のなんと多いことか」と、「全国民」に対して上から目線で淡々と毒を吐くスタイルだが、これは番組からの「NHKスペシャル風にやってほしい」とのリクエストに応じたもので、水高CPによると「おちゃらけたバラエティーのナレーションではなくて、真面目に淡々と読む、だけど言っていることは変、という方が面白いというのがあって、『ザ・NHK』に読んでもらった方が、その面白さが増す」との意図で起用したものであるという[31]。ただし、意図的に笑いを誘うナレーションもある[32]

問題・解説のVTRは問題ごとに別々のディレクターを中心としたチームが担当し[注釈 10]、VTRの演出スタイルは担当ディレクターの作家性に委ねられているという[26]。取材前に「面白そうに膨らませるポイント」をスタッフ全員で共有した上で取材に臨み、その上で「NHKは真摯に取材し伝える」という基本線を崩さないように、疑問に関しての取材と解説VTRは「芯のしっかり通ったもの」を作った上で、それを崩しているという。過去の『NHKスペシャル』など他の番組の映像をほぼそのまま解説VTRに使ったり『ダーウィンが来た!』のディレクターに依頼して解説VTRを制作するなど大胆な演出も見られる[22]。仮に「答え」の内容が想定外の方向に進んだとしても、そこまでの制作過程は徹底してオープンにすることも心がけているという[22]

出演者編集


テーマ曲編集

  • オープニングテーマ『カリキュラマシーンのテーマ』(作曲:宮川泰 / スキャット:西六郷少年少女合唱団
    • 水高CPによれば、オープニングテーマに『カリキュラマシーンのテーマ』を用いたのは、パイロット版の際に充ててみたところ番組のイメージに合致したことに加え、番組としての『カリキュラマシーン』自体が当時としては非常にアバンギャルドな子ども向け番組であり、クリエーションもしっかりしていたことへの精神的なリスペクトの意味が込められているという[26]
  • エンディングテーマ『叱られたい!』(作詞・作曲・編曲:奥田民生 / 歌:チコ村民生と江戸川オールスターズ)
  • 「ひだまりの縁側で…」オープニング 不明
  • 「ひだまりの縁側で…」コーナーBGM(以前はエンディングテーマ)[41]大好きって意味だよ[42][43][44](2019年4・5月放送の『みんなのうた』作詞・作曲:槇原敬之 / 編曲:本間昭光 / 歌:キョエ)
  • 「ひだまりの縁側で…」内「専門家のウケウリ情報」(不定期)BGM 不明
  • ジングル

放送編集

  • 本放送:金曜 19:57 - 20:42
  • 再放送:土曜(本放送の翌日) 8:15 - 9:00
    • 金曜日の放送時間帯は地域別番組の枠となっているため、一部地域では土曜日が初回放送となる[注釈 14]。このため、番組公式サイト上では「金曜日は、それぞれの地域放送局の判断で、独自に制作した番組を放送する場合がある」というお断りが掲載されている[注釈 15]。また、金曜日に全国的に『NHKニュース7』の延長枠や報道特別番組に差し替えられた場合[注釈 16]は、土曜日が全国的に初回放送となる[14][48]
    • 編成上の都合で土曜日の放送が休止になる場合(全国高等学校野球選手権大会期間中など)、金曜日の放送は過去の放送回のアンコール放送になる。
    • 急な特別編成で土曜の放送が差し替えられた場合、金曜日の放送がなかった地域は放送なしとなる。(臨時返上)
    • 不定期に(主に学校の長期休み期間中)金曜の地域別番組枠を置き換える形で全局で 19:30 - 20:42 に拡大される場合がある。その場合の翌土曜 8:15 - 9:00 の再放送枠は、前日ではない過去放送分の再放送となる。
    • 番組終了前の数秒間、画面右上に次回の放送日と放送時間(本放送と再放送)のテロップが挿入される。ただし、金曜日の放送時間帯を独自番組に差し替える放送局は、その告知を別の位置あるいはそのテロップに被せるようにテロップで挿入している。

評価編集

レギュラー放送開始後の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下において同じ)はおおむね2桁の数値を挙げているが、本番組の特徴として「本放送(金曜日)より再放送(土曜日)の視聴率の方が高い」という傾向が見られ[49]、2019年2月9日放送の再放送分が視聴率18.0%を記録し、2019年2月第1週(2月4日 - 10日)の週間高世帯視聴率番組の「その他の娯楽番組」部門で、前夜の本放送のみならず、『笑点』や『世界の果てまでイッテQ!』(いずれも日本テレビで10日放送)といった番組を抑えて週間1位となる現象が起きている[50]。これについて、スポーツ報知では、再放送が高視聴率を挙げる連続テレビ小説の直後に放送されること、土曜朝という時間帯が視聴者層[注釈 17]に合致したこと、番組から伝わる「ライブ感」[注釈 9]を挙げている[49]

2018年7月度のギャラクシー賞月間賞に選出されているが、選考する放送批評懇談会は選出理由として「民放カルチャーをうまくNHK化し、各局がのどから手が出るほどほしい3世代視聴を実現している」と述べている[51]

ライターで、お笑い評論家のラリー遠田東洋経済オンラインに寄稿した自身のコラム[52]で、番組が人気を集める理由について「(チコちゃんの決め台詞という)番組の代名詞になるような『キャッチーな演出』がある」「番組全体が民放っぽい軽いノリで作られており、NHK特有の『お勉強臭さ』がない」「そもそものテーマ設定が面白い」の3点を指摘し、番組について「生意気盛りのチコちゃんに導かれて、新しい知の扉を開くのではなく、すぐそこにある日常を再発見する」「雑事に追われてあくせくしないで目の前にあるものを見つめ直す大切さを私たちに教えてくれているのかもしれない」と評している。

コラムニストの木村隆志は自身の連載コラムの中で、本番組を民放のバラエティ番組と比較して「番組で取り上げる題材が『役に立つ情報』ではなく『普通の雑学』である」「ネタや笑いの手数が圧倒的に少ない」「『あおり』『ひっぱり』などの(視聴者が)嫌悪しがちな演出がない」点を指摘し、「当番組のヒットは、『大量のタレントを起用した演出過多な民放バラエティに対する不満』の表れに見える」「『チコちゃんに叱られる!』を見るたびに、民放バラエティに一石を投じる番組だなと感じてしまう」と述べている[39]

テレビ番組に関する著述を多く手がけるフリーライターの木俣冬は番組の人気の理由について、「チコちゃんがかわいい」「扱われる題材がユニーク」「『ボーッと生きてんじゃねえよ!』と叫べる爽快感」「誰もが5歳児の自由な発想に戻って柔軟に考える楽しさ」「NHKらしくない(民放のバラエティーのノウハウを取り入れた構成)」という5点を挙げた上で、誰でも5歳を設定することで、誰でも参加できる真の公共性というNHKらしさを獲得しているという極めておもしろい番組であると評している[26]

関西テレビ放送元社長の福井澄郎は社長在任時の記者会見で気になる他局の番組として本番組の名前を即答し、高視聴率が続いていることについて「ちくしょーと思った」と発言。自身が本番組の制作にも関わる共同テレビジョンの役員も務めていることに鑑み「余計に悔しい」としながらも「ああいう面白いコンテンツが出てくるのは良いこと」と称賛している [53]

受賞編集

スタッフ編集

  • 構成:海老克哉
  • CG:中野大亮
  • キャラクターデザイン:オオシカケンイチ
  • 音響効果:田中寿一
  • 操演:ちょこグループ
  • 着ぐるみ造型:服部弘弐
  • リサーチャー:近江谷志織
  • サウンドエディター:恵比須弘和
  • ディレクター:上原伸、古賀光輝(アクロ)、武田晋助、佐藤智之、池ヶ谷実希、隅田隆之、関根健二、神戸謙太郎、桒田洸治、高野信行、立野明史、松尾宗之、藤井雄真、小木曽克典、三宅佑治、杉本千紘、井上融、小笠原豪、新垣博章、木學卓子、蔡理皓、益田洋平、宇都竜太、西岡奈美、居垣寿典、西野拓也、宗實紀子、竜崎琢也、立松恵、伊藤哲、永井宏樹、和田彩、山下俊一、安藤愛優美、山村裕一、矢島理恵子、青木淳、薮田望、白形隆幸、佐々木文恵、雨宮智史、野村緑(週替り)
  • 演出:河井二郎(共同テレビ)[60](毎週)/吉川修(しーん)、相澤幸一(アクロ、P担当回あり)、澤田親宏、古賀光輝(アクロ)、谷口欽也、大川剛史(アリソデナサソ、谷口→P担当回あり、大川→以前はディレクター)、尾形征輝・渡邊美香・武藤由華(共に共同テレビ、武藤→以前はディレクター)、亀山剛志(エポックル)、山本泰輔、多田美保、熊澤美麗(山本~熊澤→共に以前はディレクター)(週替り)
  • プロデューサー:小松純也(スチールヘッド)、中島由布子(共同テレビ)(毎週)/稲葉友紀子(しーん)、永辻貴子・相澤幸一(共にアクロ)、木村修二・本永巳樹(共にアリソデナサソ)、坪井理紗(エポックル)(週替り)
  • 制作統括:水高満(NHK)[61]/西ヶ谷力哉、稲毛重行(共にNHKエンタープライズで、西ヶ谷と稲毛は週替り)
  • 制作協力:ベイシス(毎週)/しーんアクロ、アリソデナサソ、エポックル[注釈 18](週替り)
  • 制作:NHKエンタープライズ
  • 制作・著作:NHK

コラボレーション企画編集

『NHK×日テレ同時生放送! テレビ65年 スポーツのチカラ』で出題された問題[要出典]
解答者 問題 チコちゃんの答え 備考
有田哲平・水卜麻美 なんで野球マウンドは高くなっているの? 雨がたまりやすいのを土で埋めたから
博多華丸・博多大吉 なんで力士はしこ(四股)を踏むの? 土の中にいる悪霊を踏みつけるため
  • 2018年12月31日放送の『第69回NHK紅白歌合戦』では、チコちゃんが岡村とともにゲストとして随所に出演しNHKホールの舞台にも登場した。クイズを出し、正答できなかった白組司会の櫻井翔、出場歌手の関ジャニ∞村上信五を「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱咤すると共に、テレビ画面上でチコちゃんが顔を赤くさせて激高するお馴染みの演出が行われた[63][64][65][66]
『第69回NHK紅白歌合戦』で出題された問題[63][65][66]
解答者 問題 チコちゃんの答え 備考
櫻井翔 紅白歌合戦はなんで「紅白」なの? 初代ディレクター剣道部だったから 解説VTRあり[注釈 19]
村上信五 なんで歌い終わった後に拍手するの? 神を目覚めさせるため
  • 2019年3月29日 19:30-20:43 に、連続テレビ小説(朝ドラ)100作記念の特集番組『朝ドラ100作! 全部見せますスペシャル~歴代ヒロインがチコちゃんに叱られる!?~』を放送[67][68]
『朝ドラ100作! 全部見せますスペシャル~歴代ヒロインがチコちゃんに叱られる!?~』で出題されたお題[要出典]
解答者 問題 チコちゃんの答え 備考
石田ひかり なんで「ドラマ」なのに「小説」という? 新聞小説が元で、そこから進化したものだから 解説VTRあり
広瀬すず 朝ドラは主題歌をなぜ長く流す? ちょっと手を止めて、テレビの前に座りましょうの合図
  • 2019年3月30日にNHK BSプレミアムで放送の『着信御礼!ケータイ大喜利』(特別番組として放送)にチコちゃんが登場し、お題「番組中、“チコちゃん恋してるのかな?”何と言った?」に視聴者から事前に寄せられた回答を紹介した[69][70]
  • 2019年6月1日に横浜スタジアムにて開催されたプロ野球『横浜DeNAベイスターズ×東京ヤクルトスワローズ』でのイベント「YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2019」のゲストとしてチコちゃんが出演。観客に向けて問題を出題したが、反応が微妙だったため、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱咤。その後、始球式を行った[71][72]。この模様は同年7月19日の「ひだまりの縁側で…」コーナーで放送された[73]
「YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2019」で出題された問題[72][74]
解答者 問題 チコちゃんの答え 備考
横浜スタジアムの観客 横浜の横ってなんの横? 入り江に向かって砂浜が横に突き出していたから
『ニュースウォッチ9』で出題された問題
解答者 問題 チコちゃんの答え 備考
桑子真帆 なんでノーベルさんはノーベル賞を作ったの? 死の商人と呼ばれて悔しかったから
  • 2019年11月23日放送の『サラメシ勤労感謝の日スペシャル』[注釈 22]にチコちゃんが出演。視聴者の投稿写真を紹介後、CGチームの昼食の様子を密着取材した。
  • 2019年12月31日放送の『第70回NHK紅白歌合戦』では、前回同様チコちゃんと岡村がゲストとして登場し、NHKホールの舞台にも登場した。総合司会の内村光良ウッチャンナンチャン)に問題を出したが答えられなかったため、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱咤すると共にテレビ画面上でチコちゃんが顔を赤くさせて激高するお馴染みの演出が行われた。
『第70回NHK紅白歌合戦』で出題された問題
解答者 問題 チコちゃんの答え 備考
内村光良 なんで最後の人を「トリ」って言うの? みんなの出演料をまとめて「取る」から

コミカライズ編集

チコちゃんに叱られる!
ジャンル 児童漫画ギャグ漫画
漫画:コロコロ版
原作・原案など NHK(原作)
海老克哉(ストーリー原案)
オオシカケンイチ(キャラクター原案)
作画 住吉リョウ
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック(2019年2月号 - 2020年9月号)
別冊コロコロコミック(2019年4月号 - 2021年4月号)
発表期間 2019年2月号 - 2021年4月号
巻数 全4巻
漫画:学年誌版
原作・原案など NHK(原作)
海老克哉(ストーリー原案)
オオシカケンイチ(キャラクター原案)
作画 あべさより
出版社 小学館
掲載誌 小学一年生(2019年4月号 - 2020年8月号)
小学8年生(2019年4・5月号 - 2020年6・7月号)
発表期間 2019年4月号 - 2020年8月号
テンプレート - ノート

2019年1月15日発売のコロコロコミック2月号と同年2月28日発売の別冊コロコロコミック4月号(共に小学館)からコミカライズ版が連載されることが発表された[83][84]。作者はコロコロ版では住吉リョウ、学年誌版はあべさよりである。

また、コロコロ版が『女性セブン』『ちゃお』『ぷっちぐみ』、学年誌版が『学習幼稚園』にもそれぞれ読切として掲載されたこともある。

単行本編集

現時点ではコロコロ版のみ刊行。

  • 「チコちゃんに叱られる!」 小学館〈てんとう虫コミックススペシャル〉、全4巻
    1. 2019年4月26日発売、ISBN 978-4-09-143028-1
    2. 2019年9月27日発売、ISBN 978-4-09-143078-6
    3. 2020年4月28日発売、ISBN 978-4-09-143174-5
    4. 2021年6月28日発売、ISBN 978-4-09-143245-2

グッズ展開編集

キャラクターに関するライセンスはNHKエンタープライズが管理しており、同社の許諾により複数の企業から様々なキャラクターグッズが展開されている[85]

関連書籍編集

  • 『チコっと冒険 First: Eternal Five CHICO チコちゃんに叱られる! ビジュアルファンブック』 徳間書店 (2018年12月18日発売) ISBN 978-4-19-864745-2
  • 絵本『チコちゃんに叱られる: なぜ、ひとと わかれるときに てを ふるの?』オオシカ ケンイチ 文溪堂 (2019年3月5日発売) ISBN 978-4-7999-0321-6
  • 絵本『チコちゃんに叱られる: ごちそうさまって なに?』オオシカ ケンイチ 文溪堂 (2019年7月発売) ISBN 978-4-7999-0322-3
  • 絵本『チコちゃんに叱られる: おとうさん おかあさんと いっしょにすごせるじかんは どれくらい?』オオシカ ケンイチ 文溪堂 (2019年11月発売) ISBN 978-4-7999-0323-0
  • 『チコちゃんに叱られる! 』NHK「チコちゃんに叱られる!」制作班編集 小学館 (2019年3月19日発売) ISBN 978-4-09-388670-3
  • 『チコちゃんに叱られる! (ワンダーライフスペシャル)』NHK「チコちゃんに叱られる!」制作班編集 小学館 (2019年3月19日発売) ISBN 978-4-09-106620-6
  • 『はやくしないとチコちゃんに叱られる迷路BOOK』NHK「チコちゃんに叱られる!」制作班監修 宝島社 ISBN 978-4-8002-9338-1
  • 『キョエちゃんからの挑戦状!?チコちゃんのまちがいさがしBOOK』NHK「チコちゃんに叱られる!」制作班監修 宝島社 ISBN 978-4-8002-9704-4

キャラクター商品編集

食品編集

ゲームアプリとのコラボレーション編集

  • LINE ポコポコ - 期間限定クエストにて参戦されることが決定した。

その他編集

2020年4月24日(23日深夜)放送の民放ラジオ番組ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送制作)での岡村の発言内容についてNHKにも苦情が寄せられたことから、5月15日放送のラストに「番組からのおことわり」と題したテロップが流され「岡村さんは、自身の発言は不適切なもので、多くの人に不快な思いをさせてしまったと深く反省しています。私たちも皆さまからの声を真摯にうけとめ、これからも心から楽しんでいただける情報をお届けしてまいります」とのメッセージを放送した[87][88]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 番組公式ロゴではエクスクラメーションマーク(「!」)は省略されている。
  2. ^ レギュラー放送開始後しばらくまでの間は、公式サイトにて「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と、表記が一部異なっていた[2]。そのため、各種メディアでの報道においても同様の表記が見られる。
  3. ^ ただし、紹介された「答え」が間違いである(定説とは異なる)として視聴者等が批判する事例もある[8]
  4. ^ 直訳すると「生涯眠り続けるな!」ただし、sleepがsleepwalkであれば「無自覚な人生を送るな!」の意味。
  5. ^ 番組のクレジット上は「共同テレビジョン」の記述がないが、放送批評懇談会のギャラクシー賞紹介ページ[10]等ではNHK・NEPと並んで共同テレビが番組制作に参画していることが示されている。
  6. ^ お便りの内容は何でもよいが、番組では唯一の条件として実年齢にかかわらず「5才」と書くことを求めている[11]
  7. ^ EPG上では前日の放送が本放送を実施した地域は再放送のマークが表示され、前日の放送が独自番組を放送した地域は再放送のマークが表示されない。土曜朝に関しては原則として地域差し替えの対象にならないが、同時間帯に自然災害などによる特設ニュース(報道特別番組)が編成されて、該当地域で放送回が視聴できないままお蔵入りとなったり、相当時期が遅れてに穴埋めの再放送で放送された事例がまれにある(2021年7月9日にローカル番組を放送した地域の場合、10日の再放送枠が鹿児島県・宮崎県・熊本県に大雨特別警報が発表されたことで、全国ネットの特設ニュースに差し替えられたため)。なお、金曜日に放送した局ではごくまれに翌日の再放送を差し替えた事例がある。実例として2021年3月19・20日分は、NHK広島放送局では、2020年3月に「市民球団誕生70年 広島カープの軌跡」として広島東洋カープの球団史を扱った番組の再放送を編成したため、20日の再放送分を『プロジェクトX〜挑戦者たち〜 史上最大の集金作戦 広島カープ 〜市民とナインの熱い日々〜』に差し替えた。また、差し替えではないが2021年6月18・19日分のうちの19日の再放送分は、四国ブロックでは当日朝に発生した愛媛西部で震度4の揺れを観測した地震関連のニュースを急遽5分程度放送した後に、本編途中の8時20分頃に途中飛び乗りを行った。
  8. ^ NHKプラスは南関東エリア(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)向けの放送内容を同時配信しているため[17]、金曜日に南関東エリアで『首都圏情報 ネタドリ!』などの地域情報番組の拡大特番が放送された場合は、土曜朝の再放送枠が同時・見逃し配信の対象となる。
  9. ^ a b 番組内のチコちゃん(木村)の台詞は8割がアドリブであるといい[23]、問題の正解・不正解の判断も木村の判断に委ねられているという[30]
  10. ^ 担当ディレクターはほぼ全員がNHK局員ではない外部の制作会社のディレクターである[26]
  11. ^ 大竹まことを「シティボーイズ」と呼ぶなど。過去にユニットに所属しており現在は脱退・解散している場合も含まれる。
  12. ^ 初回パイロット版でのチコちゃんの造形が奈良美智のデザインに似ているとの指摘があったためだとされる(奈良本人は無関係だとコメントしている)。パイロット版2回目では、“プチ整形した”と説明されている[37]
  13. ^ 水高CPによればキョエちゃんの声の主が誰なのかは"極秘事項"であり、岡村はじめ出演者も知らないという[36]
  14. ^ 首都圏ローカルの特別番組を放送する場合は、地域別番組を編成しない局向けに裏送りする。
  15. ^ NHK総合テレビの番組計画表では金曜日が(L)指定扱いで、土曜日が(L)指定なしとなっている。ただし、2021年3月20日の広島局のように土曜日に例外的にローカル差し替えを行った事例がある。
  16. ^ 一例として、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言決定に伴う、内閣総理大臣菅義偉記者会見が行われた2021年4月23日などが該当する[47]
  17. ^ 番組制作サイドとしては、視聴者層を小学校高学年とその親世代の家族視聴を想定していたが、チコちゃんと同じくらい(幼稚園・保育園高学年年代)の子からの反応も良いという[25]
  18. ^ 右側の4社は毎回ではなく、放送回によっていずれか1社が携わる。
  19. ^ 『NHKたぶんこうだったんじゃないか劇場』に鶴見辰吾と岡村が出演[65]
  20. ^ 同日放送分のゲストパネラー。
  21. ^ 出題された問題として同日放送分の「蚊取り線香の渦巻きって、なんの形?」が引用された。
  22. ^ 前夜の本放送が『2019NHK杯フィギュア男子ショートプログラム』で休止となったため、再放送枠を活用して放送された。
  23. ^ 2020年3月13日及び14日放送回ではチコちゃんによる番宣が行われた。

出典編集

  1. ^ a b 22nd Entertainment Division Grand Prize "Chico Will Scold You!"” (English). 文化庁メディア芸術祭公式サイト. 2020年2月24日閲覧。
  2. ^ チコちゃんに叱られる! - ウェイバックマシン(2018年6月12日アーカイブ分)
  3. ^ a b チコちゃんに叱られる! - NHK - NHK。2018年12月27日閲覧。
  4. ^ “ボーっと生きてんじゃねーよ! チコちゃん好調のワケは”. 朝日新聞. (2018年8月8日). https://www.asahi.com/articles/ASL7T5VLWL7TUCLV00V.html 2018年9月29日閲覧。 
  5. ^ チコちゃん、番組史上初の事態にふてくされる「筒香に会いにアメリカに行きたーい」”. サンケイスポーツ (2020年5月8日). 2020年5月9日閲覧。
  6. ^ 古賀伸明 (2019年2月25日). “優先席とチコちゃん”. 理事長コラム『時代を見つめる』. 連合総研. 2019年11月17日閲覧。
  7. ^ 菊地浩平 (2019年1月17日). “なぜチコちゃんになら叱られたいと思うか 「諸説ある」と通じる人形の自由度”. プレジデントオンライン. 2019年1月18日閲覧。
  8. ^ 「チコちゃん」で紹介された『たい焼きの起源』は間違い? SNSで指摘され物議に”. リアルライブ (2019年1月18日). 2019年1月26日閲覧。
  9. ^ “ナイナイ岡村“かしこ”になりたい、NHKクイズ番組に初レギュラー出演”. お笑いナタリー. (2018年3月29日). https://natalie.mu/owarai/news/275764 2018年9月29日閲覧。 
  10. ^ a b 第13回マイベストTV賞グランプリ”. 放送批評懇談会 会員サイト (2019年5月23日). 2019年5月31日閲覧。
  11. ^ おたより募集”. 「チコちゃんに叱られる!」公式サイト. 2019年5月17日閲覧。
  12. ^ “チコちゃんに叱られる 夏の拡大スペシャル” (PDF) (プレスリリース), 日本放送協会広報局, (2018年7月18日), https://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2018/07/007.pdf 2018年9月29日閲覧。 
  13. ^ 「チコちゃんに叱られる!」が名古屋地区視聴率今年最高の19・9%「新型コロナウイルスで外出が減った影響も」”. 中日スポーツ / 東京中日スポーツ(2020年3月9日作成). 2020年3月10日閲覧。
  14. ^ a b NHK編成センター@nhk_henseiのツイート”. Twitter (2021年4月23日). 2021年4月24日閲覧。
  15. ^ 番組表検索結果”. NHKクロニクル 番組表検索結果詳細. 2019年1月17日閲覧。
  16. ^ NHKプラスで配信する番組について”. NHK広報局(2020年2月28日作成). 2020年4月17日閲覧。
  17. ^ 常時同時配信・見逃し番組配信サービスの開始について”. 日本放送協会(2020年1月15日作成). p. 1. 2020年4月17日閲覧。
  18. ^ NHKの一部番組の見逃し配信を開始”. 日本テレビ放送網株式会社・株式会社テレビ朝日・株式会社TBSテレビ・株式会社テレビ東京・株式会社フジテレビジョン(2019年8月23日作成). 2020年4月17日閲覧。
  19. ^ a b c d e 梅田恵子 (2018年7月20日). “大人気チコちゃん制作者が語る神ワザ神ボイス神設定”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/umeda/news/201807190000915.html 2018年9月29日閲覧。 
  20. ^ a b 砂上麻子 (2018年7月28日). “そこのあなた! ボーッと見てると分かりません!! 毒舌が話題「チコちゃんに叱られる!」”. 東京新聞. http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2018072802000162.html 2018年9月29日閲覧。 
  21. ^ a b 大人気「チコちゃん」1周年 名物プロデューサーが語った番組制作の“極意””. デイリー新潮. 新潮社 (2019年4月7日). 2019年4月7日閲覧。
  22. ^ a b c d 「チコちゃん」の名前はどこから来たの?プロデューサーに聞いた”. Smart FLASH (2019年7月14日). 2019年7月14日閲覧。
  23. ^ a b “チコちゃんに叱られる!:キム兄は「8割アドリブ」 意外なMC力とチコちゃんの秘密”. まんたんブロード. (2018年7月19日). https://mantan-web.jp/article/20180719dog00m200074000c.html 2018年9月29日閲覧。 
  24. ^ TV番組『チコちゃんに叱られる!』メイキング>>CGと着ぐるみの融合でクルクルと表情を変える5歳児キャラクター - CGWORLD(2018.07.24 TUE)2018年8月12日閲覧
  25. ^ a b c 『チコちゃんに叱られる!』 毒舌の5歳児が人気者に”. NIKKEI STYLE. 日本経済新聞社/日経BP (2018年7月11日). 2018年9月29日閲覧。
  26. ^ a b c d e 木俣冬 (2018年10月26日). “『チコちゃんに叱られる!』に見られるNHKらしくなさ。ではNHKらしさとは何なのか責任者に聞いてみた”. Yahoo!ニュース 個人. 2018年10月26日閲覧。
  27. ^ a b 第22回 エンターテインメント部門 大賞 チコちゃんに叱られる!”. 文化庁メディア芸術祭公式サイト. 2020年2月24日閲覧。
  28. ^ サラメシ 勤労感謝の日スペシャル』(NHK総合 2019年11月23日放送)
  29. ^ ナイナイ岡村 結婚でチコちゃんに叱られる「こっちは迷惑しとんねん!」事前収録で独身ネタ使用か”. スポーツニッポン (2020年11月6日). 2020年11月6日閲覧。
  30. ^ a b c d 矢部万紀子 (2018年7月27日). “【独占】人気爆発「チコちゃんに叱られる」声担当、キム兄が初めて語る「チコちゃんの自由さ」”. BUSINESS INSIDER JAPAN. 2018年9月29日閲覧。
  31. ^ チコちゃん以上? 森田美由紀アナの“毒舌ナレ”が人気”. 毎日新聞 (2018年8月18日). 2018年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月23日閲覧。
  32. ^ NHK森田美由紀アナ、渾身のボケ連発「私も昔はピーチピチ」”. スポーツニッポン (2019年2月2日). 2019年2月15日閲覧。
  33. ^ nhk_steraの【2/1号 発売中】巻頭特集は、〈#チコちゃんに叱られる!〉 「解体新書」のツイート- Twitter
  34. ^ 話題騒然、たちまち9万部突破! 全国民のアイドル・チコちゃんのビジュアルファンブック絶賛発売中!”. 徳間書店 (2019年1月17日). 2020年1月8日閲覧。
  35. ^ “DeNA・筒香、チコちゃんに感謝「付き合う男性は大変なんじゃないか」”. サンケイスポーツ. (2019年5月11日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20190511/den19051114470003-n1.html 2019年5月17日閲覧。 
  36. ^ a b c 『チコちゃん』岡村隆史起用の理由は「サイズ感!?」等雑学集”. NEWSポストセブン (2018年12月21日). 2019年3月2日閲覧。
  37. ^ NHK『チコちゃんに叱られる!』好調の裏にいる“民放出身の伝説TVマン”の存在”. 日刊サイゾー (2018年7月4日). 2018年9月29日閲覧。
  38. ^ a b “『チコちゃんに叱られる!』のキョエ、大都会・渋谷でのデビュー記念イベントに盟友チコちゃんと登場!!” (プレスリリース), ソニー・ミュージックレーベルズ, (2019年5月23日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002063.000013546.html 2019年5月26日閲覧。 
  39. ^ a b 木村隆志 (2018年10月3日). “『チコちゃんに叱られる!』民放バラエティに募る不満を解消”. https://news.mynavi.jp/article/tviki-39/ 2018年10月4日閲覧。 
  40. ^ “「みんなのうた」に鬼龍院翔と杏沙子登場、キョエちゃん歌う槇原敬之の提供曲も”. 音楽ナタリー. (2019年2月1日). https://natalie.mu/music/news/318383 2019年2月9日閲覧。 
  41. ^ 「ピンポイント解説付き!やさしくひける♪お・す・す・め初級アレンジ」『月刊ピアノ』2019年7月号(通巻277号)、ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス、2019年6月20日、 55頁、 ASIN B07S777233。“『みんなのうた』の4-5月の曲として放送され、番組のエンディングでも流れています。”
  42. ^ 大好きって意味だよ”. みんなのうた. 日本放送協会. 2019年6月13日閲覧。
  43. ^ キョエ「大好きって意味だよ」ホームページ”. 日本放送協会. 2019年6月13日閲覧。
  44. ^ キョエ「大好きって意味だよ」はなぜ泣ける? 槇原敬之×本間昭光との全世代に響くポップスを聞く”. リアルサウンド (2019年5月22日). 2019年6月13日閲覧。
  45. ^ 三上弥 (2018年12月27日). “平成30年 師走”. NHK静岡 アナウンサー・キャスター ブログ. 日本放送協会. 2019年6月13日閲覧。
  46. ^ 酒井政利 時代のサカイ目 平成最後の紅白を盛り上げる2.5次元アイドル 「Aqours」「刀剣男士」”. ZAKZAK. 産経デジタル (2018年11月28日). 2018年12月4日閲覧。
  47. ^ ニュース 「菅首相記者会見」”. NHKクロニクル (2021年4月23日). 2021年5月8日閲覧。
  48. ^ NHK編成センター@nhk_henseiのツイート”. Twitter (2021年5月7日). 2021年5月8日閲覧。
  49. ^ a b “NHK「チコちゃんに叱られる!」で珍現象 再放送の視聴率が常に本放送を上回る理由とは?”. スポーツ報知. (2018年7月13日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/column/20180713-OHT1T50109.html 2018年9月29日閲覧。 
  50. ^ “「チコちゃんに叱られる」週間視聴率の娯楽部門で初首位に!笑点、イッテQ超えた!再放送枠で珍快挙”. スポーツニッポン. (2019年2月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/14/kiji/20190214s00041000179000c.html 2019年2月14日閲覧。 
  51. ^ “チコちゃんに叱られる!:ギャラクシー賞月間賞 「3世代視聴を実現」「民放カルチャーをうまくNHK化」”. MANTANWEB. (2018年8月20日). https://mantan-web.jp/article/20180820dog00m200046000c.html 2018年9月29日閲覧。 
  52. ^ ラリー遠田 (2018年7月28日). “「チコちゃんに叱られる!」にハマる人の心理”. 東洋経済オンライン. 2018年11月8日閲覧。
  53. ^ カンテレ社長チコちゃん高視聴率に「ちくしょー」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2018年11月13日). 2018年12月16日閲覧。
  54. ^ 放送批評懇談会 ギャラクシー賞 月間賞 2018年7月度”. 放送批評懇談会 (2018年8月20日). 2018年8月20日閲覧。
  55. ^ 第35回 2018年 授賞語”. 現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞. 自由国民社. 2018年12月4日閲覧。
  56. ^ 第4回(2018年度)「CGWORLD AWARDS」の大賞ならびに各部門の最優秀賞を発表!,CGWORLD.jp,2018年12月28日
  57. ^ “「チコちゃん」メディア芸術祭賞エンタメ部門で大賞”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年3月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903010000195.html 2019年3月1日閲覧。 
  58. ^ 第24回 AMD Award '18 受賞作品一覧”. 一般社団法人デジタルメディア協会. 一般社団法人デジタルメディア協会 (2019年3月5日). 2019年3月5日閲覧。
  59. ^ 第45回放送文化基金賞 受賞一覧・記者発表”. 公益財団法人 放送文化基金 (2019年6月5日). 2019年6月6日閲覧。
  60. ^ nhk_steraの【2/1号 発売中】巻頭特集は、〈#チコちゃんに叱られる!〉 「チコちゃんの育ての親」のツイート- Twitter
  61. ^ nhk_steraの【2/1号 発売中】巻頭特集は、〈#チコちゃんに叱られる!〉 「プロファイリング」のツイート- Twitter
  62. ^ “「テレビをより見たくなる!」NHK×日テレのコラボデーが反響!視聴体験レポ / Screens”. マイナビニュース. (2018年9月28日). https://news.mynavi.jp/article/20180928-698591/ 2019年1月8日閲覧。 
  63. ^ a b “チコちゃん 出題「なぜ紅白歌合戦は『紅白』なの」…櫻井翔が一喝される”. デイリースポーツ. (2018年12月31日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/12/31/0011947064.shtml 2019年1月1日閲覧。 
  64. ^ “【紅白】関ジャニ・村上「ボーッと司会狙ってんじゃねーよ」 ナイナイ岡村&チコちゃんに叱られる”. オリコン. (2018年12月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2126795/full/ 2019年1月1日閲覧。 
  65. ^ a b c “チコちゃんが岡村隆史と登場、嵐櫻井翔を一喝/紅白”. 日刊スポーツ. (2018年12月31日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812310000813.html 2019年1月5日閲覧。 
  66. ^ a b “「なぜ紅白?」「なぜ歌い終わったら拍手をするの?」『NHK紅白』の疑問にチコちゃんの「ボーっと生きてんじゃねーよ!」が炸裂!”. ガジェット通信. (2019年1月2日). https://getnews.jp/archives/2109930 2019年1月5日閲覧。 
  67. ^ 朝ドラ100作!全部見せますスペシャル~歴代ヒロインがチコちゃんに叱られる!?~”. 連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト. 2019年5月30日閲覧。
  68. ^ “朝ドラ:今夜「100作!全部見せます」 歴代ヒロイン続々 “あなたのイチオシ”ランキングも発表”. まんたんウェブ. (2019年3月29日). https://mantan-web.jp/article/20190328dog00m200048000c.html 2019年5月30日閲覧。 
  69. ^ お題 - 着信御礼!ケータイ大喜利”. 『着信御礼!ケータイ大喜利』公式サイト. 2019年5月30日閲覧。
  70. ^ “「ケータイ大喜利」2時間SPで2年ぶり復活、「声のお題」に梶裕貴やチコちゃん”. お笑いナタリー. (2019年3月29日). https://natalie.mu/owarai/news/325749 2019年5月30日閲覧。 
  71. ^ 『YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2019 Supported by ありあけ 横濱ハーバー』 人気バラエティ番組「チコちゃんに叱られる!」で話題 5才の女の子・チコちゃんがセレモニアルピッチに初登場!”. 横浜DeNAベイスターズ(2019年5月24日作成). 2019年6月2日閲覧。
  72. ^ a b 5歳のチコちゃん ハマスタで始球式”. 神奈川新聞(2019年6月2日作成). 2019年6月2日閲覧。
  73. ^ チコちゃんに叱られる! 「“ポップコーンが膨らむのは?”“風鈴の秘密”ほか」”. gooテレビ番組. 2019年7月21日閲覧。
  74. ^ チコちゃん、夢の舞台でセレモニアルピッチ!「筒香ホームランお願い!」『YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL スペシャルイベント』”. オリコンYouTube公式アカウント(2019年6月1日作成). 2019年6月3日閲覧。
  75. ^ ドラマ10「これは経費で落ちません!」その1 経理部メンバー”. NHKドラマ. スタッフブログ. 日本放送協会 (2019年7月19日). 2019年7月31日閲覧。
  76. ^ “藤原紀香“美魔女”役でドラマ出演!!「チコちゃんに叱られる!」コラボも”. ザテレビジョン (KADOKAWA): p. 2. (2019年7月5日). https://thetv.jp/news/detail/196368/p2/ 2019年7月31日閲覧。 
  77. ^ “チコちゃん、NHK桑子アナに毒舌「白組が優勝したのに『紅組』って」”. サンケイスポーツ. (2019年10月5日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191005/geo19100514550019-n1.html 2019年10月6日閲覧。 
  78. ^ みんなの卒業式 公式ホームページ
  79. ^ 紅白歌合戦、ゲスト審査員はチコちゃん、宮崎美子、杉咲花、吉沢亮ら”. スポーツ報知 (2020年12月23日). 2020年12月23日閲覧。
  80. ^ 【紅白】松任谷由実の歌唱後に出川哲朗、爆問田ナイナイ岡村のスモール3がサプライズ登場”. スポーツ報知 (2021年1月1日). 2021年1月2日閲覧。
  81. ^ さかなクン、初対面のチコちゃんと息ピッタリのコラボ「夢のような時間」”. マイナビニュース (2021年3月7日). 2021年5月8日閲覧。
  82. ^ 【さかなクンへのオンライン質問も!】「チコちゃんといっしょに課外授業@サンシャイン水族館」(有料配信)”. NHKエンタープライズ (2021年3月12日). 2021年5月8日閲覧。
  83. ^ “NHK「チコちゃんに叱られる!」が初の漫画化!来年1月から「月刊コロコロコミック」連載決定”. スポーツニッポン. (2018年12月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/02/kiji/20181202s00041000270000c.html 2018年12月3日閲覧。 
  84. ^ 「チコちゃんに叱られる!」が初まんが化!月刊コロコロコミック2月号(1月15日発売)から連載決定!!”. コロコロオンライン. 小学館 (2018年11月28日). 2018年12月3日閲覧。
  85. ^ チコちゃんに叱られる!”. NHKエンタープライズ キャラクターページ. 2019年8月31日閲覧。
  86. ^ 山崎製パン | 『チコちゃんに叱られる!』商品
  87. ^ NHK「チコちゃん」で異例の説明 岡村不適切発言受け「岡村さんは深く反省しています」”. スポニチAnnex (2020年5月15日). 2020年5月16日閲覧。
  88. ^ “NHK「チコちゃん」、岡村さん発言でおことわり放送”. 朝日新聞. (2020年5月15日). https://www.asahi.com/articles/ASN5H721SN5HUCVL02D.html 2020年5月21日閲覧。 

外部リンク編集

NHK総合テレビ 金曜19:57 - 20:42枠
前番組 番組名 次番組
金曜イチから
※19:30 - 20:00
【関東甲信越以外では別番組】
歴史秘話ヒストリア
※20:00 - 20:43
【水曜22:25 - 23:10へ移動】
【NHK大阪放送局制作】
チコちゃんに叱られる!
-
NHK総合テレビ 土曜8:15 - 9:00枠
前番組 番組名 次番組
チコちゃんに叱られる!
  • 前日の再放送
    ※一部の放送局・週では本放送
-